SPiCE CafeとAKOMEYA TOKYOがタッグ! 日本のお米に合うカレー第2弾誕生

SPiCE CafeとAKOMEYA TOKYOがタッグ! 日本のお米に合うカレー第2弾誕生

SPiCE CafeとAKOMEYA TOKYOがタッグ! 日本のお米に合うカレー第2弾誕生の画像

本格スパイス料理の表現に挑んでいる、東京・押上のスパイス料理店「SPiCE Cafe」とタッグを組んだ、レトルトカレー第2弾はビーフカレーとバターチキンカレー。スパイスと日本の食材の融合によりこだわり抜いた味をお届けします。


昨年販売し多くの方にご好評を頂いた日本のお米に合うレトルトカレー。今回は新しい味わいとしてビーフカレーとバターチキンカレーのベーシックな2種をご用意。こだわり抜かれたスパイスと日本食材の融合により「SPiCE Cafe×AKOMEYA TOKYO」らしさの加わった、ここでしか味わえない一皿です。

ベーシックに新しさを


カレーの食材には、甘酸っぱいタマリンドペースト、出汁や塩糀など滋味深い日本の食材を使用。まろやかなコクのあるカレーに刺激と爽やかさを与える隠し味がポイントです。カスリメティ、コリアンダー、シナモンなど様々なスパイスと、これまでになかった日本の素材と合わせることで、斬新かつ、何度も食べたくなるカレーが誕生しました。

シャープな辛さと出汁の旨みが奥深い今までにないビーフカレー



さらさらビーフカレー
カルダモンやコリアンダーなどの香り高く爽やかなスパイスと、出汁の旨味が調和された、SPiCE Cafe×AKOMEYA TOKYOならではのビーフカレー。日本のお米の甘さとマッチするよう、シャープな辛さを追求したスパイス、タマリンドの酸味、ゴロゴロとした牛肉を加え、今までにない新しいビーフカレーに仕上げました。

600円


クリーミーなソースにスパイスが引き立つバターキチンカレー



バターチキンカレー
クリーミーな味わいの中にカスリメティのほろ苦さを感じる、奥深い味わいのバターチキンカレー。バターと生クリームで濃厚さを出し、隠し味の塩麹で日本のお米に合う旨味を表現。さらに青唐辛子のじわじわと感じる辛さが後を引く味わいです。

600円


伊藤シェフ監修のスパイスカレー新作2品がAKOMEYA食堂にも!

SPiCE Cafe伊藤シェフ監修のオリジナルスパイスカレーが、AKOMEYA食堂にも新登場します。 店内で丁寧に仕込んだ爽やかなスパイスと旨みの詰まった隠し味が生み出す、今までにない、新しい味わいのカレーを炊き立てのごはんと共にお楽しみください。


バターチキンカレー御膳
[カレー/小鉢1品/自家製豆腐/漬物/味噌汁付き]

1,280円
※店頭でのテイクアウトとUber Eatsは1,180円



ビーフカレー御膳
[カレー/小鉢1品/自家製豆腐/漬物/味噌汁付き]

1,480円
※店頭でのテイクアウトとUber Eatsは1,380円


■販売期間
7月31日(金)〜

■販売店舗〈販売時間:11:00〜〉
・AKOMEYA食堂 神楽坂
・AKOMEYA食堂 東急プラザ渋谷


挑戦をやめないスパイス料理のパイオニア


伊藤 一城
世界48カ国を旅して、あらゆる料理との出会いの中で、スパイス料理に魅せられた伊藤一城さんが、「SPiCE Cafe」をオープンさせたのは2003年のこと。当時はまだ珍しかった南インド料理を展開させ、現在ではカレーのコース料理、ペアリングワインなども提供。また日本独自の旬の食材を使って、新しいスパイスの扉を切り拓いています。


※表示価格はすべて税抜きです。

■特設ページ
https://www.akomeya.jp/shop/pg/1curry2020/

■店舗情報
SHOP LIST:https://www.akomeya.jp/store_info/store/list.aspx

■AKOMEYA TOKYO 各種公式ページ
HP : https://www.akomeya.jp/
Instagram : https://www.instagram.com/akomeya_tokyo/
LINE@ : https://page.line.me/akomeya-tokyo
Facebook : https://www.facebook.com/akomeya.jp
Twitter :https://twitter.com/akomeyatokyo



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。