hotel koe tokyo内にかき氷POPUP SHOPが登場! 濃厚なミルクをたっぷり使用したかき氷「shibuya milk ice」

hotel koe tokyo内にかき氷POPUP SHOPが登場! 濃厚なミルクをたっぷり使用したかき氷「shibuya milk ice」

hotel koe tokyo内にかき氷POPUP SHOPが登場! 濃厚なミルクをたっぷり使用したかき氷「shibuya milk ice」の画像

株式会社ストライプインターナショナルの「koe(コエ)」が展開する、ファッション・音楽・食・宿泊など多彩なコンテンツを提供するホテル併設型店舗「hotel koe tokyo(ホテル コエ トーキョー)」は、7月22日〜8月31日の期間中、POPUP SHOP『shibuya milk ice』をオープンし、オリジナルかき氷を販売いたします。


今年の夏は、新型コロナウイルスの影響でお祭りや花火大会等のイベントが立て続けに中止となり、どのように楽しもうかとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。hotel koe tokyoは、POPUP SHOP 『shibuya milk ice』を通して、暑い夏を涼みながらアートも楽しめる空間を提供いたします。普段はDJブースとなるカウンターを、POPUP SHOPへ仕様を変更。そこへ座席を設置し、常駐するスタッフがお客様の目の前でかき氷をお作りします。視覚・聴覚からも涼しいひと時を堪能いただけます。メニューは、濃厚なミルクソースとミルクシロップをたっぷりと使用し、贅沢な味わいに仕上げた2種をご用意。まるでケーキを食べているような満足感を提供いたします。また、食を通し様々なカルチャーをお客様へ発信したいという思いから、今回はイラストレーターのyuriboを起用。『shibuya milk ice』のために書き下ろしたイラストを、スタッフ着用TシャツとPOPUP SHOPの装飾に施しています。

ここでしか味わえないこだわりのかき氷を、是非お楽しみください。

■ 『shibuya milk ice』 概要
日程:7月22日(水)〜8月31日(月)
時間:13:00〜20:00(L.O19:30)
場所:hotel koe tokyo内POPUP SHOP 1F 『shibuya milk ice』
内容:オリジナルかき氷(2種)の販売

※新型コロナウイルス感染防止策
従業員の手洗いの徹底、手指の消毒設備の設置、就業前の検温、マスク等の着用、座席数の間引き、飛沫感染防止アクリル板の設置、室内の換気、来店客で混雑した際のソーシャルディスタンス確保の声掛けを徹底します。

■メニュー


渋谷ミルクアイス
900円+tax
口当たり軽やかなミルクシロップと、濃厚な味わいのミルクソースの2種を組み合わせ、ミルクが主役のかき氷に仕上げました。濃厚な味わいとスッキリした後味をお楽しみいただけます。


マンゴーミルクアイス
1,200円+tax
渋谷ミルクアイスにふんわり滑らかな生クリームと完熟マンゴーをたっぷりトッピングした贅沢なかき氷に仕上げました。ミルクの優しい甘さと華やかなマンゴーが相まった一品です。


■プロフィール

お絵描き屋さん/yuribo.(@oekakiyasan)
1994年生まれ。東京都在住。
人物画を中心として、シンプルなタッチで現代的なニュアンスを丁寧に描き出す作風が特徴。ファッション誌の挿絵やカフェのロゴ、アパレルグッズのデザイン等幅広い実績を持つ。イラストレーターとしてだけでなくマーケターの顔も持つパラレルワーカーとしても注目されている。

Instagram:https://www.instagram.com/oekakiyasan/
Pinterest :https://www.pinterest.jp/oekakiyasan/


<グローバル旗艦店 「hotel koe tokyo」概要>
住所 :〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3番7号
フロア構成 :1F ブレッド&ダイニング「koe lobby」、イベントスペース「koe space」、ホテルレセプション
2F ショップ (ウィメンズアパレル、メンズアパレル、生活雑貨)
3F ホテル (ゲストルーム、ホテルラウンジ)
HP :http://hotelkoe.com/
Instagram :@hotelkoetokyo



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。