アルコール入りカクテルメニューが誕生! ブルーボトルコーヒー 広尾カフェで限定発売

アルコール入りカクテルメニューが誕生! ブルーボトルコーヒー 広尾カフェで限定発売

アルコール入りカクテルメニューが誕生! ブルーボトルコーヒー 広尾カフェで限定発売の画像

スペシャルティコーヒーが持つ魅力と可能性をより多くの方へお伝えしていきたい、その想いからこの度ブルーボトルコーヒーで日本初となるアルコール入りカクテルメニューが誕生いたしました。定番メニューとしての発売は、ブルーボトルコーヒーとして世界初となります。

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社は、2020 年6 月11日に、 「ブルーボトルコーヒー 広尾カフェ」を、広尾商店街内に位置する「THE RESTAURANT」 (ビル全体は 2020 年 7月20日にオープン)の正面入り口にオープンいたしました。

「THE RESTAURANT」は、これからのビジネスパーソンに向けた、ワークカルチャーに食とウェルネスが融合した新施設「EAT PLAY WORKS」の1階・2階に位置する、稀代の料理人が集うフードホールで、国内外で注目を集める銘店17店舗が 集結し、一流の味をカジュアルに楽しめる業態で展開いたします。

この度、7月20日の「THE RESTAURANT」にオープンに合わせて、ブルーボトルコーヒーでは日本初となるアルコール入りカクテルメニューが誕生いたしました。バーテンディングの大会にて多くの成績を収め、最先端の技術や和酒・お茶にも造詣が深い大場文武氏を監修に迎え共同開発した、高品質なコーヒーやエスプレッソを使用した、ブルーボトルコーヒーならではの本格的なカクテル5種は“コーヒーカクテル” のイメージを覆す独創的なテイストで、スペシャルティコーヒーの新たな魅力を引き出したラインアップです。

このほかにも、丁寧にハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクはもちろん、ブランチメニューも充実している広尾カフェ。時間帯やニーズに合わせて、ゲストがお好きなようにお過ごしいただける居心地の良い空間をご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

ブルーボトルコーヒー 広尾カフェ限定 SPECIALTY COFFEE COCKTAILS (全5種)

SPECIALTY COFFEE COCKTAILS
NOLA Negroni (左)、Coffee Cherry Gin&Tonic (中左)、Sansho Sour (中)、Smokey Cold Brew Highball (中右)、HVE Berry Crush (右) ※ これら商品にはアルコールが含まれています。

Smokey Cold Brew Highball

SMOKEY COLD BREW HIGHBALL(スモーキー・コールドブリュー・ハイボール)
スモーキー コールドブリュー ハイボール 900円
コールドブリュー、ウイスキー、 煎り番茶、ジュニパーベリー、 エルダーフラワートニック

ブルーボトルコーヒーの定番ブレンドの一つ「スリー・アフリカズ」のコールドブリュー(水出しコーヒー)と、煎り番茶を漬け込んだミズナラウィスキーを使用したハイボールタイプのカクテル。ウイスキーと煎り番茶のスモーキーな香りと、スリー・アフリカズのしっかりとしたボディーが、ジュニパーベリーシロップの甘みとコク、エルダフラワーの香りと引き立てあう、複層的ながらでどなたでも飲みやすい華やかなロングカクテルです。

Coffee Cherry Gin&Tonic

COFFEE CHERRY GIN TONIC(コーヒーチェリー・ジントニック)
コーヒーチェリー ジントニック 900円
カスカラシロップ、モンキー 47 ドライ・ジン、 エルダーフラワートニック、ソーダ

カスカラとはコーヒー豆の精製過程において除去されるコーヒーチェリーの果肉を丁寧に乾燥させたもので、まるでアプリコットや梅のように甘くてフルーティなテイストが特徴です。そこにスパイシーなジンとエルダーフラワートニックを合わせて、1日を通して楽しめる爽やかなジントニックに仕上げました。

HVE Berry Crush

HVE BERRY CRUSH(HVE・ベリークラッシュ)
HVE ベリークラッシュ 1,200円
ヘイズ・バレー・エスプレッソ、ラム、ルバーブ、 ストロベリー、ラズベリー

ブルーボトルコーヒーで長年提供している「ヘイズ・バレー・エスプレッソ」は、ダークチョコレートなど、濃厚で心地の良い甘みが特徴。そこにラムの甘みやベリーやルバーブの酸味 が加わることでヘイズ・バレー・エスプレッソが持つフルーツのニュアンスも引き出され、まるでストロベリーチョコレートのような華やかなテイストに仕上がったフローズンカクテルです。

NOLA Negroni

NOLA NEGRONI(NOLA ネグローニ)
NOLA ネグローニ 1,200円
ニューオリンズシロップ、ジン、ベルモット、 スーズ、グランクラシコ ビター、オレンジピール

チコリと一緒に水出しをしたコーヒーにミルクを合わせた、ブルーボトルコーヒーで人気のアイスミルクコーヒー「ニューオリンズ(NOLA)」。こちらはそのベースをシロップにし、 ビターなベルモットやスパイシーなジンと合わせたネグローニスタイルのカクテルです。 心地よい苦味と共に、余韻に残るニューオリンズの甘みをお楽しみください。

Sansho Sour

SANSHO SOUR(山椒サワー)
山椒 サワー 1,200円
シングルオリジンエスプレッソ、カスカラシロップ、 ウォッカ、卵白、ユズ、山椒

抽出したてのシングルオリジン(単一産地)のエスプレッソに、緑山椒の香りをまとわせたウォッカの爽やかな辛味を加え、ゆずの酸味と卵白のまろやかさがエスプレッソのコクを引き出しより複雑な味わいを生み出しました。カプチーノのような柔らかな見た目を裏切る 、今までにないコーヒーカクテルです。


CAFE INFO
ブルーボトルコーヒー 広尾カフェ
東京都渋谷区広尾 5-4-16 THE RESTAURANT 1F
営業時間 8:00?22:00
店舗面積 95.70m?
店内席数 28 席 (7/20の時点では、席数を減らし営業いたします)
アクセス 広尾駅 2番出口より徒歩1分
※ 来客用駐車場はございませんので、ご来店の際は公共交通機関のご利用をお願いいたします。

ABOUT BLUE BOTTLE COFFEE ブルーボトルコーヒーとは
ブルーボトルコーヒーは2002年に、創業者のジェームス・フリーマンによって、アメリカ・カリフォルニアで誕生しました。創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステナビリティを信念に掲げながら、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供してまいりました。また、自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒーを配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングしたコーヒー豆の販売を行っています。現在は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ボストン、ソウル、香港、東京、横浜、京都、神戸で90店舗以上を展開しています(2020年7月現在)。

BLUE BOTTLE COFFEE 公式ウェブサイト:www.bluebottlecoffee.jp
BLUE BOTTLE COFFEE 公式 ECサイト:https://store.bluebottlecoffee.jp/
BLUE BOTTLE COFFEE 公式インスタグラム:http://instagram.com/bluebottlejapan

ブルーボトルコーヒー カフェ一覧(7月20日現在は表記より席数を減らして営業しております)
・清澄白河フラッグシップカフェ (2015/2/6)
〒135-0023 東京都江東区平野1-4-8
店舗面積 184.27m?
席数 47席

・青山カフェ (2015/3/7)
〒107-0062 東京都港区南青山3-13-14
店舗面積 214m?
席数 80席

・新宿カフェ(2016/3/25)
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6
店舗面積 155.19m?
席数 45席

・六本木カフェ(2016/9/16)
〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7
店舗面積 138.91平方メートル
席数 27席

・中目黒カフェ(2016/10/27)
〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-23-16
店舗面積 417.78平方メートル (カフェエリア:61.49m?)
席数 40席

・品川カフェ (2016/11/15)
〒108-0075 東京都港区港南2-18-1
店舗面積 165.80 平方メートル
席数 27席

・三軒茶屋カフェ(2017/10/27)
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18
店舗面積 93.97m?
席数 33席+テラスエリア

・京都カフェ (2018/3/23)
〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町64
店舗面積 452.98平方メートル (カフェエリア:64.98m?)
席数 44席

・神戸カフェ (2018/7/20)
〒650-0039 神戸市中央区前町1
店舗面積 217.8平方メートル
席数 63席

・目黒カフェ (2018/8/17)
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-2-19 1F
店舗面積 69.33 平方メートル
座席数 19席

・神田万世橋カフェ(2018/12/7)
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-25-4
店舗面積 24.91平方メートル

・池袋カフェ(2019/3/22)
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-23-7
店舗面積 65.01平方メートル
席数 9席

・恵比寿カフェ (2019/7/19)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿本館1階
店舗面積 85.07 平方メートル
席数 21席

・銀座カフェ (2019/8/16)
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2F
店舗面積 117.79 平方メートル
席数 48席

・京都六角カフェ (2019/12/13)
〒604-8135 京都市中京区東洞院六角上る 三文字町226-1
店舗面積 90.47平方メートル
席数 25席

・広尾カフェ (2020/6/11)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾 5-4-16 THE RESTAURANT 1F
店舗面積 95.70平方メートル
店内席数 28席

・NEWoMan YOKOHAMA カフェスタンド (2020/6/24)
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1丁目1番1号 NEWoMan YOKOHAMA 1F
店内席数:なし *POP-UPカフェスペース(26席)

・京都木屋町カフェ ※7月23日(木) GRAND OPEN
〒604-8023 京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町 310-2 立誠ガーデン ヒューリック京都 1F
店舗面積 123.29平方メートル
店内席数 30席



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。