NYスタイルのサラダボウルが全11種。赤坂初のサラダボウル専門店「VEGE CHARGER」がオープン

NYスタイルのサラダボウルが全11種。赤坂初のサラダボウル専門店「VEGE CHARGER」がオープン

NYスタイルのサラダボウルが全11種。赤坂初のサラダボウル専門店「VEGE CHARGER」がオープンの画像

株式会社エイ.アンド.エス.システムは赤坂初のサラダボウル専門店「VEGE CHARGER」を2020年10月19日開店いたします。

VEGE CHARGER
VEGE CHARGERは美味しくて、ヘルシーで、食べ応えのあるサラダでみなさまの健康的なライフスタイルに寄り添う、サラダボウル専門店です。

気軽に、スプーンで食べられるサラダをコンセプトに、NYスタイルを取り入れながらわさびや合鴨を使用した和風テイストのサラダや、中華テイストを取り入れた黒胡麻坦々風サラダなど9種類の自家製「生ドレッシング」で味わうバラエティ豊かな11種類のオリジナルサラダボウルを品ぞろえいたします。

「美味しいサラダを食べて笑顔になってもらいたい」そんな想いを込めて、最後のひとくちまで楽しめる一皿を追求しました。

■サラダボウル品ぞろえ一例 ※価格はすべて税別

ORANGE GARDEN
ORANGE GARDEN
蒸し鶏とオレンジジュレのサラダ
R:1,180円 S:1,000円
ダイスカットの蒸し鶏に、オレンジジュレを和えた見た目にも華やかな一皿。柑橘とシナモンが香る爽やかな味わいです。

AVOCADO GREENS(for Vegan)
AVOCADO GREENS(for Vegan)
グリーンシーザーサラダ
R:1,280円 S:1,100円
コレステロールゼロ! たまごや乳製品にアレルギーをお持ちの方、ヴィーガンの方にも楽しんでいただけるシーザーサラダです。

WA・SA・BI
WA・SA・BI
香味野菜と蒸し鶏のサラダ
R:1,180円 S:1,000円
低カロリー(216kcal〜)、高たんぱく、低糖質。わさびの辛みがさえるノンオイルドレッシングで、さっぱりとした味わいです。

JAMON SERRANO
ハモンセラーノのシーザーサラダ
R:1,280円 S:1,100円
AIGAMO DUCK PARTY
合鴨とカシューナッツのサラダ
R:1,180円 S:1,000円
LOX STYLE
スモークサーモンのサラダ
R:1,380円 S:1,200円
BEANS&SEAFOODS
海鮮ゼリーと3種のおまめサラダ
R:1,380円 S:1,200円
PORK GINGER
和風ローストポークのサラダ
R:1,280円 S:1,100円
KUROGOMATAN-TAN
花山椒香る黒胡麻坦々風サラダ
R:1,380円 S:1,200円
JAPANESE VEGENOODLES
梅鰹あんかけベジヌードル
1,100円
ONYASAI
冬瓜たっぷり温野菜サラダ バジルソース
1,180円


■Returnable system(リターナブルシステム)の採用
テイクアウトに繰り返し使える容器を使用することで、使い捨てのプラスチック容器の使用を削減する取り組みを行っていきます。
「リターナブル容器(500円)」を購入してくださったお客様には、その日から使える800円分のトッピングクーポンをお渡しします。

■当社(株式会社エイ.アンド.エス.システム)について
株式会社エイ.アンド.エス.システムは、一級建築士事務所を営み、今年30年を迎えます。この度、サラダボウル専門店を開業することで、野菜が不足しがちな食生活を少しでも改善し、健康年齢を引き上げる一助となることが、これからの社会貢献につながると考え、外食事業に挑戦します。


「サラダボウル専門店 VEGE CHARGER」店舗情報
所在地 東京都港区赤坂2-7-2 REID-C Akasaka 1F
電話番号 03-6459-1334
アクセス 「赤坂駅」2番出口より徒歩4分 / 「溜池山王駅」10番出口より徒歩3分
開店日 2020年10月19日 11:00
営業時間 11:00〜21:00 (LO 20:30)
定休日 なし
面積(平方メートル ) 60.25平方メートル
宅配,TO注文方法(準備でき次第Uber、Web予約)
URL http://vege-charger.tokyo/
その他 NYのステーションサインをイメージした幾何学アート.タイル職人(白石 普 作)


白のタイルを基調とした店内




企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。