国内初の「GODIVA cafe」が東京駅に誕生! 日常使いできるカジュアルさを意識してた空間デザインに

国内初の「GODIVA cafe」が東京駅に誕生! 日常使いできるカジュアルさを意識してた空間デザインに

国内初の「GODIVA cafe」が東京駅に誕生! 日常使いできるカジュアルさを意識してた空間デザインにの画像

ゴディバ ジャパン株式会社は2020年11月26日、東京駅グランルーフ フロント内に国内初となる「GODIVA cafe Tokyo」を開業いたします。イートインを主体とし、フードメニューも多数提供する飲食業態は同店が初。2025年までに50店舗ほどの出店を計画しています。



国内初の「GODIVA caf?」がオープン
「We create Memorable Occasions of Happiness 私たちは記憶に残る幸せな時を届けます」というビジョンのもと、ゴディバ ジャパンはチョコレートプロダクトを通じて、人々の生活に広くHappinessをお届けしてまいりましたが、よりGODIVAの世界観を感じていただくため、11月26日「GODIVA caf?」をオープンいたします。店内はGODIVAのルーツを感じさせるモダンヨーロピアンをベースに、都会に馴染むハイセンスさをミックス。FRITZ HANSENのチェアも所々に配置し、気分があがる上質感を漂わせつつ、日常使いできるカジュアルさを意識して空間をデザインしました。

日本で15年の歴史を持つ人気のチョコレートドリンク「ショコリキサー」はもちろんのこと、「GODIVA caf? Tokyo」オリジナルのチョコレートドリンクを多数開発、豊富なラインアップをご用意しています。また、すべてのドリンクにはGODIVAチョコレートが1つ添えられています。フードメニューはジャーフードやクロッフルなどの軽食系から、パスタやシチューなどの食事系まで幅広くご用意。チョコレートのデザートメニューも豊富にご用意し、ドリンクからお食事まで多様なニーズにお応えいたします。さらに、カフェオリジナルグッズやGODIVAのギフト商品を扱った物販エリアもあり、ギフトからカフェまで、様々なニーズに応じてお楽しみいただけます。お客様のライフスタイルにより身近に存在できるよう、「GODIVA caf?」は2025年までに約50店舗の出店を目指し展開してまいります。

日常使いできる心地よさと、気分があがる特別感が共存
飲食店を構成する「空間・食・サービス」。GODIVA caf?の業態デザインにあたり、3つのバランスを最適化することを心がけましたが、コンセプトにある“Elevate”が感じられるよう、共通して“上質さ”には特にこだわりました。デンマークを代表するブランド「FRITZ HANSEN」のチェアを採用しているのもそのためで、「プレナム」「ロオチェア」「セメンチェア」「セブンチェア」「ドット」の5製品を配置。ハイブランドの家具に触れて過ごすひとときは、いつもと違う刺激を与えてくれるはずです。FRITZ HANSENのデザイナーであるハイメ・アジョン氏には、2012年にバレンタイン限定のGODIVAパッケージデザインを手掛けていただきました。8年の時を経て再度コラボレーションできたことは、GODIVAにとって嬉しい機会となりました。


ハイクオリティなカカオドリンクと多様なフードメニュー


今回「GODIVA caf? Tokyo」にはミツバチプロダクツ株式会社の「インフィニミックス」を導入。このマシンは、高温スチームで溶かしたチョコレートを、内蔵された攪拌羽根とブレンダー孔が短時間でリキッドと混ぜ合わせ、非常に滑らかなチョコレートドリンクに仕上げてくれます。同マシンを使って、多彩なカカオメニューを展開予定です。一方フードメニューは、クロワッサンとワッフルを合わせたクロッフル各種をはじめ、ジャーに入ったサラダやスープ類といった軽食系のほか、パスタやシチュー、キッシュやカレー、蕎麦にいたるまで食事系も多数ご用意しています。またスイーツメニューでは、世界に5人しかいないGODIVAシェフ、 ヤニック・シュヴォローによるシェフズコレクションを展開。「ムースショコラ」「チョコレートマフィン」「チョコレートシフォンケーキ」「チョコレートテリーヌ」の4種でスタートし、随時新しいメニューに刷新していく予定です。

Drink


「カカオミルク」(ホット・アイス|630円)
「カカオエスプレッソ」(ホット|480円)
「カカオカフェラテ」(ホット・アイス|660円)
「カカオソーダ」(500円)
「ショコリキサー」(630円〜)
「エルダーフラワーレモネード」(530円)
など

Food


チョコクロッフル(280円)
スパイシーツナ ハニーマスタードのクロッフル(280円)
プルーンとカマンベールのバルサミコ カカオニブサラダサラダ(560円)
鶏むね肉ときのこのソイシチュー(680円)
ほうれん草とココナッツクリームのベジカレー(650円)
フレッシュハーブのカポナータパスタ(580円)
など
(価格はいずれも税抜き)

GODIVA caf? オリジナルのパッケージや商品は、GODIVAのブティックとはひと味違うカジュアルなカフェらしい世界観を表現しました。



店舗概要
店名:GODIVA caf? Tokyo
住所:〒100‐0005東京都千代田区丸の内1-9-1JR東京駅構内地下1階 グランルーフ フロント内


※グランルーフフロントへの地図は下記をご参照ください。https://www.tokyoinfo.com/shop/item/granroof_map.jpg
電話:03-6810-0750
営業時間:08:00〜22:00
定休日:無休(施設に準じる)
URL:https://www.godiva.co.jp/cafe/
Instagram:https://www.instagram.com/godivacafe_jp/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。