シャンパンやワインと共に嗜む大人のスイーツコレクション。ルワンジュ・トウキョウのバレンタイン

シャンパンやワインと共に嗜む大人のスイーツコレクション。ルワンジュ・トウキョウのバレンタイン

記事画像

株式会社LOUANGE TOKYOは、2021年バレンタインに向けて、世界優勝パティシエ藤田浩司氏を迎え創る、大切な想いを伝えるにふさわしい、究極のチョコレートギフトをご用意いたしました。シャンパンやワインと共に嗜む大人のスイーツコレクションの数々。LOUANGE TOKYOらしい徹底したこだわりで素材を選んだアート性の高いセレクションです。恋人やパートナーはもちろん、家族、友人など大切な人に愛と感謝を伝えるバレンタインという特別なひとときを、LOUANGE TOKYOのチョコレートとともにお過ごしください。


シャンパンやワインと共に嗜む「大人のショコラサンド」。熟練パティシエの技で最高のくちどけを実現。5種の新感覚なフレーバーをお楽しみいただけます。



こだわりの最高級素材(Maracaibo65%/ルビーチョコレート47%/ジヴァララクテ40%/エーデルワイス36%/イタリア産ピスタチオ/タヒチ産バニラ/高千穂発酵バター)を使用。5つのフレーバーは、ミルクキャラメル/コーヒーマロン/ピスタチオ&オリーブオレンジ/リュバーブベリー/ピニャコラーダチョコレートと新感覚な素材の組み合わせ。2,400円 (税抜)


6種類の生チョコレートタイプの新感覚エクレア。一つ一つ丁寧に焼き上げたシュー生地にカカオの濃厚なクリームを贅沢にサンド。6つの色彩豊かなエクレアが味と共に目も心も楽しませてくれます。



こだわりの最高級素材(Maracaibo65/あまおう/スペイン産黒トリュフ/イタリア産ピスタチオ/太陽卵/高千穂発酵バター)を使用。6つのフレーバーは、あまおう/チョコレートトリュフ/コーヒーキャラメル/パッションフランボワーズ/ピスタチオ/プラリネチョコレートと新感覚な素材の組み合わせ。3,000円 (税抜)


人気のヌヌースシリーズが登場。「nounours」はフランス語でテディベア。そのまま飾っておきたくなるほどかわいらしいテディベアを模したチョコレートです。ヌヌースの下には、なめらかなチョコレートでできたボックスがあり、中には2種類のボンボンショコラが贅沢に並んでいます。かわいらしいヌヌースが、あなたの愛をお届けします。


グルトン ヌヌースショコラ 食いしん坊のヌヌースが登場。BOXの中には、トンカ豆とバニラの2層のボンボンショコラと、オレンジベルガモットとキャラメルの2層のボンボンショコラの2種類が入っています。6,000円 (税抜)
*ヌヌースシリーズは、商品が繊細のため店頭受け取り限定の商品となります。ご了承ください。


ルビー色の魅惑的なリップショコラ。奇跡のカカオ、ルビーショコラを使った、手のひらサイズのリップ型の華やかなショコラです。中には、5種類のベリーとシャンパンのガナッシュを閉じ込めています。大人のギフトにぴったり。リップショコラで愛を伝えてみては。


1,200円(税抜)


■お取り扱いに関しては
取扱店舗 : LOUANGE TOKYO ATELIER(港区六本木)
ECサイト:LT BY LOUANGE TOKYO(http://patisserie-LT.CO.JP/)

ABOUT LOUANGE TOKYO
~愛する人に賛辞の気持ちを込めて~


LOUANGE TOKYOは現代のスイーツ業界に新たな息吹を吹き込むために次の独自性を打ち出しています。それは「厳選素材」へのこだわりであり、よりアート性・ファッション性を高めた商品開発であり、そしてすべての商品にメッセージを吹き込むということ。“LOUANGE”の由来はフランス語で賛辞という意味ですが、弊店の商品を贈って頂き少しでもお客様の演出にお力添えできればという想いを込めてLOUANGE~賛辞~と名付けました。我々は単にお客様にケーキという商品を提供するのではなく「時間」「空間」を提供するというコンセプトをもとにモノづくりをしております。そしてお客様に少しでも喜んで頂けるように日々研鑽を重ねて参りました。今後も、満足度の高い商品を常に創造していくことを心掛けていきたいと思っております。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?