結局一番うまい中華料理メニューランキング

結局一番うまい中華料理メニューランキング

結局一番うまい中華料理メニューランキング

ガツンとボリュームがあり、刺激的な味のメニューが並ぶ中華料理。定期的に食べたくなる人も多いのではないでしょうか。では、数ある中華料理のメニューの中で、一番おいしいと思われているのは一体どのメニューなのでしょうか。
そこで今回は、結局一番うまい中華料理について探ってみました。

1位 ギョーザ
2位 チャーハン
3位 マーボー豆腐
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ギョーザ」!


ジューシーなひき肉と野菜をもちもちの生地で包み、表面をカリッカリに焼いたギョーザ。想像するだけで食欲がかきたてられますね。
中国では水餃子や蒸し餃子が主流ですが、日本では焼き餃子の人気がダントツで高いのが特徴的。「口に運んだときにあふれ出る肉汁がたまらない」、「ビールと一緒に食べるのが最高」という人が多く、1位となりました。

2位は「チャーハン」!


香ばしくパラッパラに炒められたチャーハン。簡単そうに見えて、家で作るとお米がべちゃっとしたり、味にバラつきがあったり……意外と難しいもの。
中華料理店で食べるチャーハンは、具材とお米のバランスが良く、どこを食べても均一な味わいを楽しむことができます。奥が深いチャーハンを、れんげで思い切りかきこむ幸せ。そんなチャーハン人気が根強く、2位となりました。

3位は「マーボー豆腐」!


なめらかな豆腐とうまみが強いひき肉にピリリとした刺激的な餡を絡めたマーボー豆腐。濃い目の味付けがクセになり、スプーンが止まらなくなるという人が多数。
そのまま食べてもよし、白米の上にかけてマーボー丼にしてもよし、自分なりの食べ方を楽しむ人も多く、3位となりました。

このように、日本の中華料理店では必ずあるといえるメジャーなメニューが上位にランク・インする結果となりました。気になる4位〜48位のランキング結果もぜひご覧ください。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,330票
調査期間:2018年11月10日〜2018年11月24日

関連記事(外部サイト)