ガストに「広島産カキ」のカキフライ―699円

ガストに「広島産カキ」のカキフライ―699円

カキフライのイメージ

ファミリーレストラン「ガスト」に広島産のカキを使ったカキフライが登場する。9月14日〜11月21日に予定する「広島産牡蠣・北海道産帆立」フェアの看板メニュー。

ガストが広島産カキのフェアを開くのは今年で6年目。今年は北海道産の帆立をラインアップに加えて、秋の風物詩として実施する。

目玉のカキフライは、広島県産の素材の味を生かすため、パン粉にもこだわり、各店舗のキッチンで注文を受けてから揚げる。広島県産カキならではのうまみと臭みのないぷりジューシーな食感が特徴だ。

なお、フェアメニューの一覧は次の通りだ。

・カキフライ 699円(税別、以下同じ)

・チーズINハンバーグ&牡蠣のクリーミーグラタン 899円

・大葉おろしの和風ハンバーグ&ホタテのだし醤油焼き 899円

・3種を楽しむミックスプレート 999円

・牡蠣とホタテのご馳走和膳(カキフライ・ホタテのだし醤油焼き・牡蠣ご飯・味噌汁・漬物・小鉢付き) 1,199円

・牡蠣の本格辛口チゲ 799円

全国のガストで注文できるが、店舗によって一部メニューの取り扱がなかったり、価格が異なる場合もある。

関連記事(外部サイト)