「スイートポテト」はもっと可愛くなくちゃ!まぜまぜ簡単スイーツ【トレンドレシピ】

「スイートポテト」はもっと可愛くなくちゃ!まぜまぜ簡単スイーツ【トレンドレシピ】

「スイートポテト」はもっと可愛くなくちゃ!まぜまぜ簡単スイーツ【トレンドレシピ】(C)モデルプレス

【トレンドレシピ/モデルプレス】秋に旬を迎える「さつまいも」。ホクホクとした食感。ふんわりと口いっぱいに広がる甘さにメロメロになってしまいますよね。今回はそんなさつまいもをたっぷり使用した、秋ならではのスイーツをご紹介。たくさん作ってプレゼントするのもいいですね。

?ayumiさんの「さつまいもスイーツ」

レシピを担当してくれたのは、料理研究家のayumiさん。今回ご紹介するのは、さつまいもとバターの香りがたまらない「スイートポテト」と「さつまいもクッキー」です。

?「さつまいもスイートポテト」材料(10個分)

さつまいも…中1/2本
バター…20g
砂糖…大さじ3
生クリーム…大さじ3
卵黄…1個

★飾り
卵黄…1個
黒すりごま(黒ごまでもよい)…適量

?早速作ってみよう!

1、さつまいもは皮を剥き1cmくらいの輪切りにし、水にさらし、アク抜きしたら電子レンジで5分程度チン!

2、柔らかくなったら麺棒でしっかり潰し、バター、砂糖、生クリーム、を加えゴムべらで均一に混ぜ弱火にかけてくださいね。

3、水分が飛びひとまとまりになったら火を止め卵黄をいれて混ぜます、あとはラップに包み冷蔵庫で30分冷やしてくださいね。

4、生地を半分に分け直径3センチくらいのめん棒状にし、紫芋パウダーを生地を転がしながら表面につけ、ラップで包み冷凍庫で30分冷やしましょう。

厚紙があればラップの上から厚紙で包むと形が綺麗に仕上がります。

5、包丁で1センチの輪切りにして、鉄板に並べて、艶出しの卵黄を塗っていき生地の真ん中に黒すりごまをのせ上から少し押さえます。

6、170度のオーブンで10分〜焼き色がついたら出来上がりです。

?ayumiさんが教えるポイント

砂糖の代わりにはちみつを使うのがポイント!カロリーを抑えられる上にコクがでて美味しく仕上がりますよ。

また、バター、砂糖、生クリームを加えた後、よく混ぜると生地が滑らかになりより一層美味しく頂けます。

スイートポテトも美味しくいただけますが、小麦粉を加えるとクッキーに変身しちゃうんですよ。作り方もとっても簡単なのでチェックしてくださいね。

?さつまいもクッキー材料

★生地
・バター…100g
・砂糖…60g
・卵黄…1個
・薄力粉…150g
・紫芋パウダー…適量
・黒すりごま(黒ごまでもOK)…適量

★さつまいもペースト
さつまいも…中1/2本
生クリーム…大さじ2
はちみつ…大さじ2

?早速作ってみよう!

1、さつまいもは皮を剥き1cmくらいの輪切りにし、水にさらし、アク抜きしたら電子レンジで5分程度チン!

2、柔らかくなったら麺棒で少しさつまいもが残る程度に潰し、はちみつと生クリームも加え均一に混ぜてくださいね。

3、さつまいもペーストにバター、砂糖、卵黄を加え均一に混ぜていきます。

4、さつまいもペーストを入れゴムベラで切り混ぜ、薄力粉を振るい入れひとまとめにしましょう。

あとはラップで包んで冷蔵庫で30分冷やしてくださいね。

5、生地を半分に分け、直径3センチくらいのめん棒状にし、生地を転がしながら紫いもパウダーを表面につけていきます。

再びラップで包み冷凍庫で1時間冷やしてくださいね。

厚紙があればラップの上から厚紙で包むと形が綺麗に仕上がりますよ。

6、包丁で1センチの輪切りにして鉄板に並べていき、生地の真ん中に黒すりごまをのせ上から少し押さえましょう。

7、あとは170度のオーブンで13分焼いたら出来上がりです!

?ayumiさんが教えるポイント

さつまいもペーストは完全に潰すのではなく少し残すのがポイント。食感も楽しめるだけでなく風味も強くなりますよ。

紫いもパウダーをつけたあと、ラップを使ってしっかり馴染ませてあげると輪切りにした時に綺麗なさつまいもの皮になりやすくなりますよ。

さつまいもとバターの香りにうっとりしてしまうこと間違いなし!

ぜひ参考にして作ってみてくださいね。(modelpress編集部)

■ayumiプロフィール

生年月日:1989年12月6日
出身地:長野県
趣味:旅先で美味しいものを見つけること
特技:珠算

料理研究家。2016年8月まで、ABCクッキングスタジオの講師及びフードフェスアイドル・Re:ガールズとして活躍。現在は家庭でできる簡単で可愛い料理を研究中。いつもの食卓に“ちょっとの工夫”でうきうきな1日を始められる、そんなレシピを通して「同世代の女性達にお料理の楽しさ大切さを伝えること」を目標に活動。またInstagram(@ayupichikitchen)を活用し、作った料理やレシピを発信している。

関連記事(外部サイト)