小さな三角窓のキャビンで白馬の自然を満喫

小さな三角窓のキャビンで白馬の自然を満喫

ミニマルなキャビンから白馬の大自然を堪能。TENAR the Outdoor Hotel|白馬東急ホテルフィールド【長野県・白馬村】

◆ミニマルなキャビンから白馬の大自然を堪能。TENAR the Outdoor Hotel|白馬東急ホテルフィールド【長野県・白馬村】
国内有数のマウンテンリゾート、長野県白馬村に位置する「TENAR the Outdoor Hotel 白馬東急ホテルフィールド」は、自然を五感で感じられる三角窓のキャビンが象徴的なグランピング施設。リゾートホテルと提携し、ホテルクオリティのサービスがかなう上質なアウトドア空間で、至福のひとときを過ごして。


◆アイコニックなフォルムのキャビンで自然と一体化するような体験を
小さな客室に居ながら雄大な景色を満喫
四角形の入口から三角形の窓へと繋がる独創的な形態のキャビンは、森と住空間の境目のない空間をめざして作られているところが大きな特徴。ゆるやかな傾斜をつけることで窓から見える自然の景色がより広く見える仕掛けになっており、眺望は抜群。

キャビンはコンパクトながら、外の広がりが感じられる建築を実現することで建材を減らし、土地に負荷をかけないサステナブルな建築を実現したそう。


チェックイン時にはクラフトビール、スパークリングワイン、ジュースから選べるウェルカムドリンクの提供もあるので、併設のデッキでフォレストビューを堪能しながらドリンクを楽しもう。

夜になるとデッキのサイドに贅沢なプライベートバーも登場。焚き火が楽しめるスウェーデントーチもあるので、ゆらめく焚き火の火や雄大な星空を眺めながら、ワインを片手に大切な人とここでしか味わえない特別なひとときを過ごして。


◆「TENAR the Outdoor Hotel|白馬東急ホテルフィールド」のグランピングの魅力はここ
【STAY】ホテルクオリティのサービスとサステナブルなアイテムを完備
こちらでは自然を五感で感じることができるキャビンに宿泊しながら、白馬東急ホテルと提携したサービスが受けられるところが最大のポイント。

キャビンの中には歯ブラシをはじめとするプラスティック低減アメニティや天然成分によるアウトドアボディスプレー、オーガニックコーヒーのほか、地球にやさしいアイテムも多数ラインナップしている。


【MEAL】夕食は地産食材を使った、アウトドア感あふれる料理を
素泊まり・朝食のみ・夕朝食付から選べる宿泊プランは、地元信州産と旬にこだわり、シェフが厳選した食材を使ったコースがいただける「TENAR リトリート2食付きプラン」(27000円~)が断然おすすめ。併設の白馬東急ホテル2階にある上品な雰囲気のレストラン「シャモニー」でいただく夕食は、じっくりと食事を堪能できる雰囲気に。

季節によって料理が変化するコースの中にはスキレットに入ったチーズピラフや、串付きでいただくアットレのオードヴルと地産の野菜もあり、美しい見た目でありながらどこかアウトドアを感じられるメニューが満載。


【ACTIVITY】白馬のマウントビューを堪能できる熱気球係留フライトも
旅をより豊かなものにするために、旅程に組み込みたいのがアクティビティ体験。暑い日なら、ハートの形をした青木湖で今流行りのSUPに挑戦してみるのもひとつ。

近隣のレジャー施設、「白馬ライオンアドベンチャー」では朝6時から「熱気球係留体験」が楽しめるので、宿泊した次の日に足を運んでみるのでもおすすめ。気球に乗って見る雄大な白馬の山々の景色はきっと一生の思い出になるはず。


関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?