湯けむりの町・湯河原で最新アウトドア体験

湯けむりの町・湯河原で最新アウトドア体験

【ひとり旅モデルコース】美しい自然と温泉を堪能!湯河原でひと味違うアウトドア体験_神奈川県湯河原町

◆【ひとり旅モデルコース】美しい自然と温泉を堪能!湯河原でひと味違うアウトドア体験_神奈川県湯河原町
湯けむりの町・湯河原に、自然の中で温泉付きのグランピング体験ができる「THE BASE GLAMPING YUGAWARA」が誕生! グランピングの前後は、ぜひ渓流沿いの風情ある温泉場を散策したり、心地いい潮風を感じながら海辺の公園をめざしてサイクリングするのもおすすめ。万葉の時代から愛され続けてきた山間の温泉地で、ひと味違うアウトドア体験を楽しんで。


【モデルコース】温泉地の過ごし方を変える最新アウトドアリゾートへ
海と山に囲まれた湯けむりの町・湯河原。ここに2022年3月、全棟源泉掛け流し温泉付きのグランピング施設が誕生した。町の中心部にある万葉公園を見下ろす高台に専用スペースが10区画。焚き火やバーベキューができるウッドデッキを中心に寝室や浴室が配された空間はそれぞれ110u以上という贅沢さで、記念日などに滞在する人も少なくないとか。

木々に囲まれたプライベート露天風呂に湧くのは、天然の美肌成分をたっぷりと含んだ「キヌノユ」。万葉集にも詠われた関東一の古湯に、滞在中何度も入れるのが嬉しい。徒歩圏内に美術館や飲食店が点在し、観光の拠点にもぴったり。日中は温泉街散策、夜はバーベキューを楽しみ温泉に入って眠る、なんて欲張りな休日も、ここならきっとかなう。
湯河原を巡る2Dayモデルコース
■DAY1
11:00 湯河原駅着、路線バスで落合橋へ
11:30 温泉場にある「MUSEUM CAFE and garden」で軽めのランチ
15:00「THE BASE GLAMPING YUGAWARA」にチェックイン後、温泉を満喫
17:00 ウッドデッキでバーベキュー

■DAY2
10:00 温泉場を散策。「湯河原惣湯 Books and Retreat」
11:00「ゑふや本店」でお土産を購入
12:00 路線バスで湯河原駅前へ
13:00 自転車で海へ向け出発!「ハンバーガーショップ カオス」でランチ
14:30「BREAD&CIRCUS」でおやつのパンを購入
15:00「サ行」でひと休み
16:30 湯河原駅から帰路へ



左/温かいベリーソースで味変も楽しめる、秘伝のソフトクリーム550円 右上/地元の常連客にも人気のサンドイッチは、ミニスープと惣菜付きで1200円。具沢山のがんもどきと豆乳マヨネーズとの相性のよさに驚くはず 右下/川のせせらぎも聞こえるテラス席
■DAY1
【11:00】「MUSEUM CAFE and garden」で軽めのランチ。人気のサンドイッチを頬張って

地元の豆腐店「湯河原十二庵」がプロデュースする美術館併設のカフェ。がんもどきと野菜を彩りよく挟んだサンドイッチなど、自家製大豆製品を使ったメニューはどれも体に優しいものばかり。庭園を望むテラスには足湯もあり、お腹も心も満たされる。
MUSEUM CAFE and garden
ミュージアムカフェ アンドガーデン
TEL.0465-63-8686
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
営業時間/10:00〜16:30(16:00LO) 
定休日/水および美術館休館日休
予約/可 ※現金のみ
アクセス/湯河原駅より不動滝行きまたは奥湯河原行きバスで約11分、美術館前下車すぐ


左/十和田石の浴槽には仕切り板があり、ぬる湯と熱湯の両方が楽しめる(一部客室を除く) 右上/広々としたスイートベースのウッドデッキ。可動式屋根付きで、雨の日も安心 右下/部屋に届けられる食材を使って、厳選牛のロックステーキや地元産アワビの踊り焼き、金目鯛のブイヤベースなど豪華な夕食を
【15:00】「THE BASE GLAMPING YUGAWARA」にチェックイン。温泉を満喫して、バーベキュー体験
湯河原初のグランピング施設は、1棟貸し切りのラグジュアリーなヴィラ仕様。自家源泉掛け流しの露天風呂、焚き火台を備えたウッドデッキ、地元素材を活かしたバーベキューなど、ワンランク上の大人のアウトドア体験を楽しみたい。
THE BASE GLAMPING YUGAWARA
ザ ベース グランピング ユガワラ
TEL.0465-20-8112
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町宮上473-1 
アクセス/湯河原駅より不動滝行きまたは奥湯河原行きバスで約9分、落合橋下車すぐ


左/散策路を奥へ進むと、緑と渓流の美しい自然が待っている 右上/園内で自由に読める本も並ぶ玄関テラス 右下/景観を活かした建築にも注目を
■DAY2
【10:00】温泉場を散策。「湯河原惣湯 Books and Retreat」でのんびり過ごそう
温泉場の中心にある万葉公園が昨年リニューアル。カフェやコワーキングスペースを備えた「玄関テラス」と、日帰り温泉、ダイニング、ライブラリーを併設した「惣湯テラス」として生まれ変わった。千歳川沿いの豊かな自然の中、掛け流しのお湯や読書に身を委ねる。そんな心緩む休日も思いのまま。
湯河原惣湯 Books and Retreat
■玄関テラス
TEL.0465-43-7830
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566(万葉公園内) 
営業時間/10:00〜17:30
定休日/第2火
予約/不可

■惣湯テラス
TEL.0465-43-8105
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町宮上704(万葉公園内)
営業時間/10:00〜18:00(16:30最終入館) 土・日・祝〜20:00(18:30最終入館)
定休日/水・第2火
アクセス/湯河原駅より不動滝行きまたは奥湯河原行きバスで約9分、落合橋下車すぐ 


左/女将の二見保子さんが笑顔で出迎えてくれる 右上/挽きたての香り高いきな粉をたっぷりまぶしたきび餅は160g450円〜 右下/山芋粉入りのモチモチとした皮の中に十勝産小豆がぎっしり。温泉まんじゅう8個入り800円〜
【11:00】「ゑふや本店」でお土産を購入
名物のきび餅の材料は、白玉粉ときび粉、ザラメ、きな粉のみとシンプル。大正14(1925)年の創業時から守り継がれる味わいに、親子三代にわたるファンも多いとか。三温糖で優しい甘さに仕上げた温泉まんじゅうは、開店直後なら蒸したてが手に入る。
ゑふや本店
ゑふやほんてん
TEL.0465-63-3301
営業時間/神奈川県足柄下郡湯河原町宮上459 
営業時間/8:00〜17:00
定休日/木
アクセス/湯河原駅より奥湯河原行きバスで約8分、見付町下車すぐ


左/いちばん人気のイングランドバーガー490円 右上/東京から移住しお店を開いた木田さん&蘇さん夫妻 右下/真っ赤な看板を目印に
【13:00】自転車で海へ向け出発!「ハンバーガーショップ カオス」でランチ
ひと晩寝かせてから焼きあげるジューシーなパティ、シャキシャキのレタスやトマトなど、随所にこだわりが詰まったハンバーガーは地元でも大人気。セットのドリンクに、作りたてのフルーツジュースが選べるのも嬉しい。ぜひお腹をすかせて出かけて。

ハンバーガーショップ カオス
TEL.0465-62-1212
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町門川515-1
営業時間/10:00〜14:00
定休日/不定休
予約/不可 ※現金のみ 
アクセス/湯河原駅より徒歩2分


左/グリル野菜が入った女神のハンバーガー595円、グラマラススコーン300円ほか 右上/小さな空間に40〜50種類のパンが並ぶ 右下/売り切れしだい閉店することも多いので、早めに訪れて
【14:30】「BREAD & CIRCUS」でおやつのパンを購入
どっしりと存在感のある食事パンから個性豊かな焼き菓子まで、唯一無二のパンを求めて全国からファンが訪れる人気店。粉から丁寧におこした天然酵母を使って焼きあげるパンは、かむほどに小麦の甘みが口の中に広がり、満ち足りた気持ちに。
BREAD & CIRCUS
ブレッド アンド サーカス
TEL.0465-62-6789
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町土肥4-2-16飛田ビル1F
営業時間/12:00〜16:00
定休日/水・木(火不定休あり)
アクセス/湯河原駅より徒歩8分


左/右から、7種類のフルーツが入ったトロピカル烏龍720円と水出しやぶきた茶340円 右上/お店はホステルなどが入る複合施設の1F 右下/オリジナルデザインの茶葉も販売 
【15:00】「サ行」でひと休み
緑茶や烏龍茶をフルーツやゼリー、チーズクリームと合わせる。そんなお茶の新しい楽しみ方を提案するティースタンドは、散策の小休止に最適。新茶がおいしいこの季節は、水出し緑茶もおすすめ。茶葉本来の甘みが、暑さで疲れた体を癒してくれる。
サ行
サぎょう
TEL.080-4919-3829
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町土肥1-16-6-1a
営業時間/11:00〜17:00 日10:00〜16:00
定休日/月
アクセス/湯河原駅より徒歩4分 


神奈川県・湯河原へのアクセス
東京駅より東海道新幹線こだまで熱海駅まで約45分、JR上野東京ラインに乗り換えて約5分、片道合計約4000円(湯河原駅まで)



関連記事(外部サイト)