ウエッジウッド×桃アフタヌーンティー登場

ウエッジウッド×桃アフタヌーンティー登場

桃のアフタヌーンティーがウェッジウッドとコラボレーション。コンラッド東京の限定プランを編集部がレポート

◆桃のアフタヌーンティーがウェッジウッドとコラボレーション。コンラッド東京の限定プランを編集部がレポート
パノラマビューが楽しめるコンラッド東京「トゥエンティエイト」と、260年以上の歴史を誇る英国王室御用達ブランド「WEDGWOOD」が2022年7月1日(金)から8月31日(水)の間、「グラマラス・ピーチ・アフタヌーンティー with ウェッジウッド」でコラボレーション。

みずみずしい桃をふんだんに使用したメニューがウェッジウッドの食器でいただける優雅なティータイムを、編集部が一足お先に体験してきました。


「グラマラス・ピーチ・アフタヌーンティー with ウェッジウッド」
フレッシュな桃メニューを憧れの食器で。贅沢な時間にうっとり
260年以上の歴史を誇る英国王室御用達ブランド「WEDGWOOD(ウェッジウッド)」とのコラボレーションによるこのアフタヌーンティー。艶やかな姿のスイーツ&セイボリーが並ぶアフタヌーンティープレートとともに、世界中で広く愛されるファイン ボーン チャイナにハニカム柄のエンボスがあしらわれたウェッジウッドの「ジオ」コレクションの食器がテーブルに用意される。

スイーツ&セイボリーはすべてに桃が使用され、まさに「桃尽くし」。フォトジェニックで心ときめくセットに注目を。

モダンな雰囲気と洗練されたシェイプの白い食器、かわいらしくも美しいピンクのスイーツとセイボリーのコントラストが、爽やかな夏にぴったり。


◆オズモール編集部が「グラマラス・ピーチ・アフタヌーンティー with ウェッジウッド」を実食レポート
「グラマラス・ピーチ・アフタヌーンティー with ウェッジウッド」
コンラッド東京で7月1日(金)から提供されるアフタヌーンティーを一足先に体験してきました。

席についてまず目に入るのは、やはりカップとお皿。ハニカム柄のエンボスがあしらわれたウェッジウッドの「ジオ」コレクションは、モダンで洗練された印象。真っ白なので、ピンクのメニューがよく映えます。


まずは、フレッシュな果実やジュレなど、桃を使ったスイーツ。

ウェッジウッドのアールグレイを使ったパンナコッタにバラのゼリー、みずみずしいフレッシュピーチのコンポートをトッピングした「ココナッツとアールグレイのパンナコッタ バラのゼリー 桃のコンポート」や、ウェッジウッドのロゴがあしらわれた「アプリコットのタルト 桃のクリーム」など、贅沢なコラボレーションがずらり。

私のイチオシは「白桃と豆乳のサンドウィッチ」。持ち上げてみると、想像していたサンドウィッチの手触りと違うのです。聞くと、卵白で作ったスポンジ生地なのだとか。しっとりすべすべの生地と、すっきりとした豆乳クリーム&桃のコラボレーションは最高の一言。甘いのに軽くて何個も食べたくなる味でした。


淡い甘さの中にラズベリーで味のコントラストが表現された「白桃のムース  ラズベリーのジュレ」、日本ではあまり知られていないフランスの赤い桃を使った「ペッシュ・ド・ヴィーヌのジュレ バニラムース」、などビジュアルも抜群。

コンラッド東京のパティシエを率いる岡崎シェフいわく、写真を撮られることも計算してのビジュアルなのだとか。思わす撮影してしまいたくなるかわいさです。



セイボリーにも桃が使われているということで、とっても楽しみ。

グラスに入った「桃のスープ オマール海老のコンソメゼリー」は、海老と桃がこんなに合うなんて!というのが第一印象。上にかかっている海老オイルの香りが香ばしく、食欲を掻き立てます。さらに下のコンソメゼリーの中には 大ぶりのオマール海老がたっぷり。桃のスープのほんのりした甘味とあいまって、満足度がかなり高い一品です。


「ポークリエットと桃のスライダー」は小さめのバーガー。桃を練りこんだというピンク色のバンズがかわいいらしいメニューです。塩味と豚肉の旨味が凝縮されたリエットと、優しい甘さの桃のコンポートは相性抜群。全体的にあまじょっぱくてクセになります。

他にも、スイーツと見まごうほどにかわいい「白桃とチキンムースのタルト」も滑らかな口当たりが嬉しい一口サイズのタルトで、アフタヌーンティーにぴったりでした。


そしてアフタヌーンティーといえばスコーン。
今回は夏らしくココナッツフレーバーが登場です。
「桃とグァバのジャム」といただけば、南国気分を味わえますよ。

アフタヌーンティードリンクセレクションは約20種類。ウェッジウッド紅茶も含まれているので、ぜひお試しください。


関連記事(外部サイト)