ルミネ&NEWoMan横浜でスパイスフードフェア

ルミネ&NEWoMan横浜でスパイスフードフェア

夏にぴったりのスパイスメニューが集結!ルミネ横浜&ニュウマン横浜で「横浜スパイスフードフェア」開催

◆夏にぴったりのスパイスメニューが集結!ルミネ横浜&ニュウマン横浜で「横浜スパイスフードフェア」開催
ルミネ横浜とニュウマン横浜では、2022年7月14日(木)から 8月31日(水)まで、暑い夏に食べたいスパイシーなメニューを集めた「横浜スパイスフードフェア」を初の2館合同企画として開催。「横浜で刺激的な出会い」をテーマに、2館で総勢55店が、五感でスパイスを感じられるオリジナルメニュー全74種類を展開する。“ピリピリ”や“ヒリヒリ”など、横浜で好みのスパイスフードを楽しんで。


◆【ルミネ横浜】「おいしく・カジュアルにスパイスを楽しむメニュー」が揃う!
左/モクオラ ディキシーダイナー「スパイシーチキンバーガー」1300円、右/ブリル飯店「冷やしカレー担々麺」1540円、ランチセット:1980円
スパイシーに仕上げたチキンのハンバーガーや冷やしカレー担々麺も
オリジナルロコフードなどハワイアンフードをメインにしたカフェ「モクオラ ディキシーダイナー」(6階)には、「スパイシーチキンバーガー」(1300円)が登場。柔らかいチキンをバターミルクとチリパウダーで1日しっかり漬け込んで、スパイシーに仕上げたフェア限定のバーガーは、ボリューミー。さっぱりとして食べやすい味付けも、夏に嬉しい。

モダンチャイニーズの「ブリル飯店」(7階)は、自家製ラー油と山椒を効かせた「冷やしカレー担々麺」(1540円、ランチセット:1980円)を提供する。ホットなイメージのカレーと担々麺だけど、冷やすことで自家製芝麻醤(チーマージャン:胡麻タレ)のコクと香りが増して、より濃厚な味わいに。マイルドな豆乳と組み合わせることで、辣油、山椒、カレー粉のスパイス感がさらに引き立つ、おすすめの1品。


左/やさい家めい「お野菜たっぷりカレー」平日:1529円、ディナー・週末:1639円、右/ラ・メゾン アンソレイユターブル「シナモンアップルパイ〜ベリーソース〜」1100円
旬の夏野菜に合う和風だしのカレーからシナモン香るスイーツまで
旬の野菜料理を味わえる「やさい家めい」(7階)の「お野菜たっぷりカレー」(平日:1529円、ディナー・週末:1639円)は、創業時からの人気メニューが、1年ぶりに復活した期間限定品。万願寺唐辛子、なす、とうもろこしといった旬の夏野菜を、和風だしのあっさりとしたカレールーでいただける。

カフェレストラン「ラ・メゾン アンソレイユターブル」(7階)からは、「シナモンアップルパイ〜ベリーソース〜」(1100円)がスパイシーなスイーツとしてエントリー。サクサクのパイ生地に、バターで焼き上げた林檎を添えて、上にはたっぷりのアイスクリームとベリーソースをトッピング。パイ生地の上に散りばめたキャラメル・ナッツのほろ苦さと、アクセントのシナモンがフワッと香るスパイシーな仕上げに、納得するはず。




◆【ニュウマン横浜】「ちょっと大人のスパイスフード」がずらり!
左/コメドール デ マルガリータ「ソフトシェルシュリンプと3種チーズの激辛ハバネロ煮込み」2420円、右/しらす食堂 じゃこ屋七代目 山利「釜揚げしらすのピリ辛麻辣丼」1600円
間違いない辛さのメキシカン煮込み&釜揚げしらすの麻辣丼
モダンメキシカンの「コメドール デ マルガリータ」(9階)が提供する「ソフトシェルシュリンプと3種チーズの激辛ハバネロ煮込み」(2420円)。メニュー名の通り“ピリピリ”系のメニュー。3種のチーズはそれぞれに、イギリスのチェダーチーズ、イタリアのモッツァレラチーズ、オランダのゴーダチーズと国境を超えた個性的なおいしさが揃う。うま味があふれ出すソフトシェルシュリンプと3種のチーズを、激辛ハバネロサルサのソースで煮込み、突き抜けた辛さが味わい深い。

160年続く老舗「山利(やまり)」の釜あげしらすを堪能できる「しらす食堂 じゃこ屋七代目 山利」(8階)には、「釜揚げしらすのピリ辛麻辣丼」(1600円)が。数種類のスパイスを用いた風味豊かな辣油と、鮮度抜群の奇跡のしらすのマッチングが絶妙。しらすのうま味とスパイスの辛味に加えて、卵黄のまろやかさが楽しめる。


左/ヌード「赤唐辛子餃子」760円、右/トラヤあんスタンド「あんペーストかき氷[スパイスワイン]」541円
お酒の〆の餃子もひんやりスイーツも本格スパイスで満喫
こだわりの餃子ととっておきの〆の1品を提供するレストラン「ヌード」(8階)では、「赤唐辛子餃子」(760円)がお目見え。八角を使ったオリジナルの「肉餃子」に特製の餡をかけて、数種類のスパイスで仕上げているから、餡にスパイスが絡まって辛さを逃さない。こちらのメニューにドリンクを合わせるなら、ヌード特製「餃子専用サワー」(580円)がおすすめとか。サワーは、京都・丹後地方で昔ながらの製法を守る飯尾醸造の『紅芋酢』をベースにした、さっぱりと飲みやすい味になっている。お酒好きは〆に要チェック。

「あんのある生活」を提案するカフェ「トラヤあんスタンド」(2階)には、シナモンとクローブがふわりと香るフルーティーな味わいのかき氷が。「あんペーストかき氷[スパイスワイン]」(541円、アルコール濃度1.2%)は、赤ワインにスパイスと柑橘類を漬け込んで作った蜜と、なめらかでやさしい甘さのあんペースト [こしあん]を合わせた、ここでしか食べられないかき氷。スパイシーなひんやりスイーツで、刺激的な甘さを満喫しよう。


関連記事(外部サイト)