60年愛される伝統の味。気品ある栗デザート

60年愛される伝統の味。気品ある栗デザート

60年愛される伝統の味。伊勢丹新宿店バイヤーおすすめの王冠のような気品ある栗デザート

◆60年愛される伝統の味。伊勢丹新宿店バイヤーおすすめの王冠のような気品ある栗デザート
秋になるとより恋しくなるマロン。そこで、百貨店&商業施設のバイヤーが自腹で買うくらい好きな“私の推しマロンスイーツ”を教えてもらいました。今回ご紹介するのは、伊勢丹新宿店の担当者が推薦するパレスホテル東京スイーツブティック「マロンシャンティイ」。素材のこだわりや魅力をたっぷりお届けします。2022年10月18日(火)まで人気BEST5を決定する読者投票も受付中!


◆パレスホテル東京スイーツブティック「マロンシャンティイ」(901円)
粗めに裏ごした栗が味のキメ手

2022年3月から伊勢丹新宿店に登場した「パレスホテル東京スイーツブティック」。1961年の創業当時から親しまれているのが、パレスホテル伝統のシグニチャーでもあるスイーツ「マロンシャンティイ」。ジェノワーズ、栗、生クリームとシンプルな構成のなかに、 職人の手仕事とこだわりが凝縮している。

薄いジェノワーズ(スポンジ生地)の上には、粗めに裏ごした甘露煮の栗をふわっとまとめてのせ、そのうえに、まるで真っ白なドレスをまとわせるかのように生クリームをたっぷりと。

口に入れると栗がほろりと崩れて、軽やかで上品な甘みの生クリームと混じり合い、噛むごとに豊かな風味が広がる。王冠のような気品あるデザインも魅力のひとつ。


◆【推薦してくれた人】伊勢丹新宿店・村田絵里さん
「栗は全体になめらかにするのではなく、粗めに裏ごしし小さな粒を残すことで食感に変化が加わり、噛むほどに風味が口に広がります。また土台のジェノワーズに乗せる際、ふんわりと空気を含ませて固めることでほろりとした食感に。老若男女問わず、時代を超えて愛されるスイーツです」(伊勢丹新宿店 洋菓子アシスタントバイヤー・村田絵里さん)





関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?