みなとみらいで「マレーシアごはん祭り」

みなとみらいで「マレーシアごはん祭り」

横浜みなとみらいで入場無料!「マレーシアごはん祭り2018〜Malaysia Makan Fest〜」

◆横浜みなとみらいで入場無料!「マレーシアごはん祭り2018〜Malaysia Makan Fest〜」
9月1日(土)2日(日)、横浜みなとみらい・象の鼻テラスにて「マレーシアごはん祭り2018〜Malaysia Makan Fest〜」を開催。マレーシアのグルメや伝統、文化が体験できるフェスは、快適な室内の開催で入場無料。友人や家族を誘ってお手軽に旅行気分を味わってみるのはいかが


伝統文化からおいしい食事まで魅力いっぱいのマレーシア
マレーシアは、マレー半島とボルネオ島北部、2つの地域にまたがる常夏の国。いろんな民族が暮らしているため複数の文化にふれることができ、食文化も米食から香辛料の効いた料理までさまざま。

マレーシア料理は日本ではあまりなじみがないかもしれないけど、日本人にとって親しみやすい味のものが多く、「マレーシアごはん祭り2018〜Malaysia Makan Fest〜」では気軽にその魅力にふれられる。


日本人の舌にもなじみやすい多種多様なマレーシア料理
イベントの舞台は、異国情緒あふれる街・横浜にある象の鼻テラス。3回目の開催となる今年は、「ちりばり」「マレーチャン」「マレーカンポン」「マレーアジアンクイジーン」「A1肉骨茶」「Gootara Cafe 神楽坂」といった関東の人気マレーシア料理店などが集結。

カリー麺やチキンライスといった日本人の口に合いやすいもののほか、マレーシアの国民食ナシレマやチキンルンダン、お菓子やドリンクなど、バラエティ豊かなメニューがずらりと並ぶ。各店自慢の看板料理を、一緒に訪れた友人たちとシェアしながら食べ比べてみるのも楽しい。


さまざまなお土産や、ワークショップでの貴重な体験も
会場内のショップでは、カレーペーストやスパイス、ココナッツミルクなどのアジアごはんに欠かせない調味料をはじめ、マレーシアで人気の清涼飲料水、民間療法として知られるランカウイ産なまこ石鹸&なまこクリーム、伝統工芸品である美しいピューター(すず)製のマグカップなど、約100アイテムものマレーシアにまつわるお土産を販売。

また、マレーシアの伝統でもある、ろうけつ染めの布地「バティック」に絵付け体験ができるワークショップも開催。大人から子どもまで参加できるので、世界でひとつだけの思い出の品を作ってみよう。

休日のプチ旅行へ出かける気分で、ぜひこの機会にマレーシアの文化を体験してみて。


関連記事(外部サイト)