高さ30cm!SALON BAKE & TEAの新感覚パフェ

高さ30cm!SALON BAKE & TEAの新感覚パフェ

どこから食べてもいちご!インパクト大の新感覚パフェを新宿駅直結のNEWoMAN「SALON BAKE & TEA」で【いちごパフェ】

◆どこから食べてもいちご!インパクト大の新感覚パフェを新宿駅直結のNEWoMAN「SALON BAKE & TEA」で【いちごパフェ】
今年もいちごがおいしい季節がやってきた! そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、華やかな見た目も楽しませてくれるデザートといえば「いちごパフェ」。今回は、新宿のNEWoMan3階にあるカフェレストラン「SALON BAKE & TEA」の「パフェ オ フレーズ」をご紹介。高さ30cmにも及ぶパフェは食べ応えも十分。さまざまな仕掛けが隠されているから、最後まで飽きずに食べられる。


どこから見てもフォトジェニックなスイーツが勢揃い
新宿駅直結のNEWoMan3階にある「SALON BAKE & TEA」は、おいしい紅茶やデザートをゆっくり楽しむ“サロン・ド・テ”というフランスのスタイルを取り入れたレストラン。

マカロンやダックワーズ、キッシュなど、ミニサイズのスイーツ&セイボリーが好きなだけ楽しめる名物の「オーダーブッフェ」をはじめ、旬のフルーツを使ったデセールなど季節感あふれるデザートは、どれも思わず写真に納めたくなるほど華やか。

高さ30cmのグラスに盛りつけられる季節のパフェも、こちらの人気を誇るメニューのひとつ。


こちらのパフェは元々、ブリオッシュにカスタードクリームを挟んだ南フランスの伝統菓子「トロペジェンヌ」を使って新しいスイーツを、というコンセプトから誕生したデザート。

トロペジェンヌの名付け親と言われる女優のブリジット・バルドーにちなんで、女性らしい曲線のような形のパフェグラスを使用。カラフルなフルーツのソースやクリームなど複雑に重ねられた断面には、最後まで楽しめるよう、さまざまな工夫が凝らされているという。

シーズンごとに2種類が入れ替わりで登場する季節のパフェのほか、17時以降限定の“夜パフェ”もおすすめ。フランス発のブランド「THE O DOR(テオドー)」の紅茶と一緒に召し上がれ。


1.いちごのトロペジェンヌ
2.シャンティフレーズ
3.いちごのアイスクリーム
4.いちご
5.いちごとジュレ
6.キヌア、パイ、シュトロイゼル
7.いちごソルベ
8.シャンティフレーズ
9.いちごジュレ
10.ぶどう寒天ハート
11.いちごパンナコッタ
12.いちごとマモンジュレ

アイスやジュレにパンナコッタも。どこから食べてもいちご味!
2019年春の季節のパフェは「パフェ オ フレーズ」が登場。パティシエの北浦さんが「どこから食べても、いちごを感じてもらえるように構成しました」という言葉どおり、いちごのジュレや、アイスクリーム、自家製のいちごジャムを混ぜ合わせたクレームシャンティなどが重ねられている。

食感のアクセントに、ハート型の寒天やキヌアなどをプラス。
ボリュームはあるけれど、甘いクリームの間に、酸味があるジュレを合わせることで、さっぱりと飽きずに食べられるはず。
パフェ オ フレーズ
価格:1800円
発売期間:5月頃まで
※いちごがなくなり次第終了


◆ほかにもある、「SALON BAKE & TEA」の人気スイーツをチェック
スパークリングワインをたっぷり注いで仕上げる大人パフェ
「パフェ・スパークリング」はスパークリングワインのジュレやヨーグルトフロマージュ、ロゼシャーベットなどを重ねたグラスに、スパークリングワインを注いでいただく、まるでカクテルのような新感覚のパフェ。

キリッとしたスパークリングワインが際立ち、後味はさっぱり。スプーンですくって食べるのはもちろん、ストローで飲んでも。17時以降限定の提供なのでご注意。
パフェ・スパークリング
価格:1300円
発売期間:通年


関連記事(外部サイト)