ビールはホップで選ぶ!伝説のホップ誕生祭

ビールはホップで選ぶ!伝説のホップ誕生祭

伝説のホップ「ソラチエース」を使ったビールで乾杯!9月5日(土)はソラチエースの誕生日

◆伝説のホップ「ソラチエース」を使ったビールで乾杯!9月5日(土)はソラチエースの誕生日
ビール好きな人はそれぞれお気に入りの銘柄や醸造法などがあると思うけれど、お気に入りのホップがある、と言ったらとっても通だと思わない? 日本が誇る伝説のホップ「ソラチエース」の誕生日をお祝いするイベントを、2020年9月5日(土)に開催。どんなホップなのか、ワクワクするストーリーをオンラインで見聞きしながら、おうちでおいしいビールを楽しもう!


写真は昨年の様子
“伝説のホップ”とは?今年はライブ配信でイベント開催
ビールの主な原料と言えば、麦芽、ホップ、酵母、水。中でも苦みや香りをつけるホップは、その種類や量によってビールの個性を決定づける大切なもの。
生産量が少なく、とても希少な日本産のホップの中でも、北海道空知(そらち)郡上富良野町で生まれた「ソラチエース」は、サッポロビールが開発したホップの品種。その強い個性がゆえに数々の試練を乗り越えて、アメリカのクラフトビール業界で注目を浴び、今や世界的に有名な“伝説のホップ”と呼ばれているのだとか。

そんなソラチエースが、2020年9月5日(土)に36歳の誕生日を迎えることに。昨年の9月5日は、ソラチエースを使用した商品を持つ、サッポロビールとキリンビールの合同で誕生日を祝うイベントを初共催。今年はより多くの方に楽しんでいただきたいとの思いから、同じくソラチエースを使用したビールを販売している木内酒造をゲストに迎えて、ソラチエースの誕生日イベントをライブ配信することが決定!


誕生年の1984年にちなんで、19時8分4秒に乾杯しよう!
「なぜ、伝説のホップと呼ばれるようになったのか? ソラチエースを使用したビールはどんなものがあるの? といった3社合同のトークショーや、アルプス音楽団による思わず乾杯したくなるようなオクトーバーフェストの音楽と一緒にソラチエースの誕生日をお楽しみいただけます。
また、フィナーレは、ソラチエースが1984年に生まれたことにちなみ、19時8分4秒のタイミングでみんなで乾杯するので、ぜひおいしいビールを片手にご参加ください」と、SORACHI1984ブリューイングデザイナーの新井健司さん。


事前にビールを用意して待機。飲み比べも楽しい
このライブ配信を見る前にはぜひ、3つのソラチエースを使ったビールを用意したいもの。
「サッポロ SORACHI1984」(350ml缶、5.5%)は、ソラチエースを100%使用したエールビール。キリっと立ち上がるヒノキやレモングラスのような香りと、ふくよかに広がる味わいの余韻が特長。
「ブルックリン ソラチエース」(355mlびん、7%)は、爽やかでトロピカルな香味が特長のセゾンタイプのビール。柑橘・レモングラス・ハーブを想わせる明るい余韻が楽しめる。
「常陸野ネストビール NIPPONIA(ニッポニア)」(550mlびん、8%)は、日本で開発されたビール麦の原種「金子ゴールデン」とソラチエースから醸造した、日本オリジナル原料にこだわった黄金色の輝きを持つビール。

ソラチエースの個性的な香りと味わいは、一度飲んだらとても印象に残るはず。一部のスーパーや専門店、またはオンラインで手に入るので、飲み比べながら楽しんでみて。


関連記事(外部サイト)