失敗しない天ぷらのコツは粉選びにあった!

失敗しない天ぷらのコツは粉選びにあった!

昭和産業の「中の人」が教えてくれる簡単・絶品和ごはんレシピ:チーズとろけるかぼちゃのかき揚げ

◆昭和産業の「中の人」が教えてくれる簡単・絶品和ごはんレシピ:チーズとろけるかぼちゃのかき揚げ
おうちで料理をする機会が増えている中、簡単においしく作れるレシピのバリエーションを増やしたい! そこで、おうちごはんのことを誰よりもよく知っている食品メーカーの「中の人」が、自社の商品を使って簡単に作れるアレンジレシピを伝授。今回は今が旬のかぼちゃになめらかなクリームチーズの組み合わせが絶品の、サクッと香ばしいかき揚げをご紹介。


今回使用するのは「天ぷら粉 黄金」
世界初の「天ぷら粉」が発売されてから今年で60周年。それを機にリニューアルされた「天ぷら粉 黄金」は、小麦の中心部からとった薄力小麦粉を使用した最上級の天ぷら粉。卵粉とパンプキンパウダーでキレイな黄金色に仕上がるのも特長で、水に溶くだけでワンランク上の天ぷらが作れる。

天ぷらは小麦粉と卵で作ったものより「天ぷら粉」で作った衣の方が簡単にカラッと揚がり、冷めてもサクサク食感が長持ちする。その理由は「天ぷら粉」は小麦粉に比べてグルテン(粘り)が出にくいように配合されているから。また、「天ぷら粉」は冷水を使うといったコツも不要で簡単においしく揚げられるので、衣がどうしてもぼってりしてしまうという人はぜひ「天ぷら粉 黄金」を使ってみて。
天ぷら粉 黄金
容量・価格/450g324円



かぼちゃとクリームチーズのかき揚げ
料理家・神田えり子さん監修による、ホクホクのかぼちゃとクリーミィなチーズ、サクサクジューシーな衣が重なる絶品かき揚げ。かぼちゃの甘みとチーズの塩気のバランスが絶妙で、軽く塩をつけてほおばりたい繊細なおいしさ。お酒のおつまみにしたり、かき揚げ丼にしたり、ダシの効いたそばやうどんにトッピングしても。かぼちゃの代わりにさつまいもを使うのもおすすめ。
作り方(調理時間 約20分)
1. かぼちゃは1.5cm角に切る。玉ねぎは繊維に沿ったうす切りにする。クリームチーズは1cm角に切る。切った具材をボウルに入れ、「天ぷら粉 黄金」大さじ1杯(分量外)をからめる。
2. 別のボウルに水を入れ、そこに「天ぷら粉 黄金」を入れて、粉っぽさが残る程度に軽く混ぜる。
3. 1に、2を入れてからめる。
4. お玉にのせ、スプーンを使って170℃の油で揚げる。勢いよく出ていた泡が小さくなったら完成。

<材料(4〜5個分)>
天ぷら粉 黄金 50g
水 75ml
オレインリッチ 適量
かぼちゃ 120g(正味)
玉ねぎ 30g
クリームチーズ 50g

<ポイント>
水と粉は軽く混ぜるだけでOK。より粘りが出にくく、カラッと仕上がる。


昭和産業のおすすめレシピ
天ぷら粉だけでなく、ホットケーキミックスやお好み焼き粉といった“粉もの”レシピが大集結。定番メニューはもちろん、天ぷら粉で作るパウンドケーキやバスク風チーズケーキ、ホットケーキミックスを使ったウーピーパイや台湾風パイナップルケーキなど、ユニークなレシピも必見!


関連記事(外部サイト)

×