戸越銀座に高級食パン専門店の都内8号店

戸越銀座に高級食パン専門店の都内8号店

ふわふわ食感と香ばしさがたまらない!「高級食パン専門店 真打ち登場」8号店が戸越銀座にオープン

◆ふわふわ食感と香ばしさがたまらない!「高級食パン専門店 真打ち登場」8号店が戸越銀座にオープン
「高級食パン専門店 真打ち登場」の都内8号店が、国内でも有数の長さを誇る戸越銀座商店街のなかで、2021年1月16日(土)にグランドオープン。ふわふわ食感と香ばしさ、まろやかなコクと上品な甘さがたまらない看板商品の高級食パンをはじめ、パンのお供にぴったりのジャムやはちみつなども揃う。実力派を意味する「真打ち」にふさわしい、至福の食パン体験を!


左/「翔舞/プレーン」2斤864円、右/「華蓮/レーズン」2斤1166円
生食でもトーストでもふわふわモチモチ食感が楽しめる定番
風味豊かな純国産バターや添加物一切不使用のフレッシュ生クリームを使用した看板商品の「翔舞(しょうま)/プレーン」(2斤864円)は、しっとりした口どけが自慢。まずはそのまま、生食を。水分を多く含んでいるので、トーストしてもふわふわモチモチの食感が続く。

「定番のフレンチトーストやサンドイッチはもちろん、甘さ控えめなので、ジャムやフィリングとの相性も抜群です。軽くトーストしてフルーツとアイスクリームをのせた、デザートブレッドもおすすめです」と、広報担当者さん。

デザート感覚のレーズン食パン「華蓮(かれん)/レーズン」(2斤1166円)は、生で食べると、ミルキーな甘味と「サンマスカットレーズン」のほどよい酸味のバランスを楽しめる。厚めにカットしてトーストし、たっぷりバターを塗るだけでパンの中のバターや生クリームの風味が倍増。クリームチーズを塗るのもおすすめ。


「黒雅(みやび)/カカオ」1斤1058円、右「小町(こまち)/あんこ」1斤1166円
大人のカカオ食パンやこだわりのあん食パンなど限定品も
定番の「翔舞」「華蓮」以外に、曜日限定のアイテムも。

カカオ食パン「黒雅(みやび)/カカオ」(1斤1058円)には、クーベルチュールチョコレートを使用。甘すぎないほろ苦い味わいが、コーヒーのお供にぴったり。クリームチーズやマスカルポーネといったチーズとの相性がよく、黒雅に「チーズとフルーツ」、「チーズとナッツ」などを組み合わせたアレンジが大人のひと皿を彩る。

あん食パンの「小町(こまち)/あんこ」(1斤1166円)は、北海道産小豆「ゆめむらさき」と高級和三盆を使用した本格派。素材そのものの味わいを楽しみたいなら、生食がおすすめ。どこか懐かしいあんパンの風味が、幅広い年齢層に愛される1品。


左/「至福のらすく」手前から「カカオ」626円(茶)・「レーズン」626円(紫)・「プレーン」561円(黄)、右/食パンのお供
パンのおいしさを味わうためのスイーツやジャムなども充実
食パン以外にも、パンを味わい尽くすための商品が充実。同店の高級食パンを使ったシュガーラスク「至福のらすく」(カカオ626円・レーズン626円・プレーン561円)は、芳醇なバターの香りとまろやかな甘さをサクッと軽やかな食感で楽しめる。

また、パンのお供としてジャムやはちみつも豊富にラインナップ。約20種類が揃う「久世福商店」のジャムは、定番のいちごジャムをはじめ、あんバターシリーズ、果物シリーズ、さらには「のりバター」や「キャラメルミルク」など、変わり種も。

はちみつは、軽井沢の蜂蜜セレクトショップ「ハニープラント」が厳選した国産蜂蜜。添加物・着色料・保存料・人工甘味料不使用の生はちみつで、自然な甘みと栄養がそのままなので、パンのお供だけでなくお菓子作りに活用できると好評とか。


真打ち登場×ケンズカフェ東京 限定コラボ「くりおろ」チョコ 1斤 1944円
バレンタイン限定!ガトーショコラ専門店とのコラボ食パン
また、2021年2月5日(金)から14日(日)まではバレンタイン企画として、ガトーショコラ専門店「ケンズカフェ東京」とのコラボ商品「くりおろ」(チョコ 1斤 1944円)を、期間限定で販売する。

こちらは、ガトーショコラの最高峰を極めたケンズカフェ東京オリジナルのチョコレート「クリオロ」を贅沢に散りばめた逸品。

「おすすめは断然トーストです。カカオが豊かに香り立ち、チョコレートがトロっと溶けて、香りも味も楽しめます。さらに、温めたところでアイスクリームや生クリーム、ミルクジャムなどを添えると、よりデザートらしいビジュアルになりますよ」(同)

バレンタインに高級チョコレートを使った食パンという、変化球も楽しいかも。


「桐箱」3190円
オリジナルで開発された専用の桐箱も!店内アートにも注目
ギフトとしても注目度の高い高級食パンのために、贈り物用のギフトボックスとしても対応できる食パン専用の「桐箱」(3190円)もオリジナルで製作。パンのカットボードを内蔵した構造で、カットする際に出るパンくずが散らないように作られている。

また、「食パンを通して、日常の中で幸せを感じてもらうこと、喜びを届けることをめざしている」という同店では、地域の人々との関わりを深めながら愛される店づくりを心がけているという。例えば「食パン×アート」をテーマに、各店舗には絵画や写真家の作品などを展示中。

「戸越銀座店では“和モダン”をテーマに、伝統的な茅葺屋根を店頭に施し、店内には陶芸作品を展示しました。香ばしいパンの香りとともに、ちょっとしたお買い物のなかでアートな空間を楽しんでいただけたら嬉しいです」(同)

高級食パン専門店ならではのこだわりを、十分に満喫したい。


OZmallからのお願い
新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。


関連記事(外部サイト)

×