都心で日本の夕涼み体験「スズムシカフェ」

都心で日本の夕涼み体験「スズムシカフェ」

都心で日本の夏の夕涼みを実感できる「SUZUMUSHI CAFÉ」がオープン

◆都心で日本の夏の夕涼みを実感できる「SUZUMUSHI CAFÉ」がオープン






夏の夜、縁側に腰掛けて鈴虫の音色を聞きながら涼をとる…そんな、昔ながらの日本情緒にあふれた「夕涼み」の時間を、都心で体感できるカフェがオープン。港区芝公園にある「ザ・プリンス パークタワー東京」2階の神殿「神明」は、2017年8月1日(火)から20日(日)の期間限定で、特設カフェ「SUZUMUSHI CAFÉ(スズムシ カフェ)」を開設して、縁側と庭園のスペースを開放する。都心では珍しい緑に包まれた縁側で、伝統的な日本の夏を過ごしてみては?




SUZUMUSHI CAFÉ イメージ
鈴虫の声や風鈴の音、障子に投影される映像など、五感で夕涼みを堪能できる「和」の空間演出
カフェには、日本の夏の夜を彩る行灯や風鈴、水を張ったタライなどを置いて「和」の空間を演出。実際に鈴虫を入れた虫かごも用意し、五感で「夕涼み」を体感できる。今年は、東京の夏をイメージした映像も導入し、レインボーブリッジを中心に、涼しげな海辺の映像を障子に投影するそう。庭園から間近に見える東京タワーも迫力があって素敵だけど、映像を見ながら、鈴虫の音色に耳をすませるのも趣があっていいかも。




SUZUMUSHI CAFÉ限定カクテル「RYO〜涼〜」
入場はドリンク付きのチケットで。爽やかなカフェ限定のカクテルも登場
料金は、アルコールドリンク1杯付きの入場券が一人1000円だけど、アイスコーヒーやオレンジジュースなどソフトドリンク(ノンアルコール)の場合は同じ金額で2杯付きに。さらに、アルコールドリンク3杯付きで2500円というお得なチケットもあるそう。アルコールドリンクには、シャンパンやビールのほかに、ブルーの色が爽やかなSUZUMUSHI CAFÉ限定カクテル「RYO〜涼〜」なども。鈴虫の音色を聞きながら美しいカクテルで涼をとれば、都心のホテルの夕涼みらしい優雅な時間を過ごせそう。




「ココナッツのパンナコッタ〜金魚が泳ぐゼリー寄せ〜」500円
華やかでフォトジェニックな和スイーツなどフードメニューも夏らしさ満載
お酒とともに味わえるメニューは、見た目にも華やかなカフェ限定のフードやスイーツの数々。写真の「ココナッツのパンナコッタ〜金魚が泳ぐゼリー寄せ〜」(500円)は、水に見立てたゼリーの中を赤い金魚が泳いでいるようなフォトジェニックな一品。このほかにも、抹茶を使った和スイーツ「抹茶のモワローショコラ 金柑のコンポート」(500円)など、涼やかでノスタルジックなメニューが揃う。




間近に見える東京タワーを背景に、ゆかたレンタルやフォトプロップスでSNS映えもバッチリ
また、女性限定で「浴衣レンタル」(1名1000円)のサービスがあるのもポイント。「数には限りがありますが、柄は20種類くらいありますので、お好きな柄をお選び下さい」と、広報担当者さん。さらに、庭園で楽しめる手持ちの花火や、SNS映えするような撮影用の「吹き出し」などのフォトプロップスも用意されているそう。ドリンク片手に、鈴虫の音色に癒されながら、東京タワーを背景に入れたゆかた姿の撮影をすれば、夏の夜をフルバージョンで満喫する夕涼み写真が撮れるはず。





SUZUMUSHI CAFÉ
TEL.03-5400-1111(SUZUMUSHI CAFÉ係)
東京都港区芝公園4-8-1 ザ・プリンス パークタワー東京 2F 神殿「神明」
アクセス:都営地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」赤羽橋口より徒歩2分、都営地下鉄三田線「芝公園駅」A4出口より徒歩3分、「御成門駅」A1出口より徒歩5分

日程:2017年8月1日(火)〜20日(日)  
※8月11日(金・祝)、12日(土)、13日(日)を除く
時間:17:30〜22:30(最終入館、L.O.は22:00)
料金:「アルコールドリンク1杯付き入場券」1000円(ノンアルコールは2杯)、「アルコールドリンク3杯付き入場券」2500円
※ドリンク追加料金はアルコール1杯800円、ノンアルコール1杯500円
フードメニュー:「ココナッツのパンナコッタ〜金魚が泳ぐゼリー寄せ〜」500円 ほか

<浴衣レンタル>協力:美保姿きもの学院
料金:1名1000円
※女性限定、当日会場内のみの利用





WRITING/NAOKO YOSHIDA (はちどり)




関連記事(外部サイト)