ニューオータニに、サツキ江戸かき氷が登場

ニューオータニに、サツキ江戸かき氷が登場

東京・赤坂 「KATO’S DINING & BAR」 偏愛かき氷物語 東京編

◆東京・赤坂 「KATO’S DINING & BAR」 偏愛かき氷物語 東京編
夏になると恋しくなるかき氷。あまたあるかき氷の中でも、行列を厭わず食べたいと思わせる名店のかき氷には、どれも店主の愛情がたっぷり詰まっています。今回はそんな店主とお客さんが愛するかき氷の物語をお届け。ホテルニューオータニのパティシエが考案した贅を極めたかき氷がこちら。見た目の美しさにうっとりしながら心行くまで召し上がれ


◆有名パティシエが考案! 厳選素材を駆使した究極の1皿




氷の中から、もっちりとした白玉、黒蜜風味のあんこ、こしあんをジュレで固めた羊羹ジュレが出現 「サツキ江戸かき氷 和三盆」2160円(サービス料別) ※期間〜9月30日


ふわっふわの天然氷と特製シロップのコラボレーションを満喫
本格的な日本料理を気軽に楽しめる「KATO’S DINING & BAR」でもてなしてくれるのが「サツキ江戸かき氷」。2014年、ホテルニューオータニ開業50周年記念メニューとして、パティシエでもあるホテルのグランシェフ・中島眞介さんが考案。以来、これを食べなきゃ夏が始まらない!というファンが急増中。

氷は、日光天然氷の蔵元、松月氷室のものを使う。まるで綿菓子のようにふわっふわの食感と、驚くほど滑らかな口当たり。「氷が躍るように」盛り付けられた美しいフォルムにも感動するはず。

具材やシロップに使う食材一つひとつにも職人の目利きと技が光る。2017年春に新登場した「和三盆」は、限られた店にしか仕入れを許されない徳島産の幻の和三盆を使用。ほんのり甘くて後味さっぱり、ほかの素材の味を引き出すのが特徴。沖縄県の波照間産、伊平屋島産の2種の黒糖をブレンドして作る特製の黒蜜に、隠し味の藻塩が見事にマッチしている。

てっぺんに乗せた特製マカロンには、甘さ抑えめなアーモンドクリームがたっぷり。冷たい氷と一緒に食べても、お口直しにいただいても美味。心地よいホテルの空間で、ちょっと贅沢なかき氷に酔いしれて。









◆一流ホテルで堪能する贅を尽くした大人スイーツ
1:期間限定「サツキ江戸かき氷 メロン」
ヘルシーさも嬉しいこんにゃくを使用したゼリーとメロン100%のソースをたっぷりかけた1皿。天然氷の中には、みずみずしいメロンの果肉がゴロゴロ。上品な味わいは人気の秘訣 ■「サツキ江戸かき氷 メロン」1944円(サービス料別) ※期間〜9月30日


2:期間限定「サツキ江戸かき氷 マンゴー」
口当たりのよい氷の中から登場するのは、こんにゃくゼリーにゴロッと入ったマンゴーの果肉。完熟マンゴーの甘味と、ピューレに入った弾力のある葛の歯ごたえがクセになる ■「サツキ江戸かき氷マンゴー」1944円(サービス料別) ※期間〜9月30日


3:格式あるホテルのダイニングで極上のスイーツを
ホテルのガーデンコート6階に構えるこちら。ゆったりしたソファ席を中心に、おしゃれなカウンターバーも備え、ホテルの中でも隠れ家的空間。日射しが差し込む開放感あふれる優雅な非日常な空間で、素材にこだわった究極のかき氷を楽しみたい




かき氷DATA
【期間】〜2017年9月30日 14:00〜17:00(16:30LO)
【メニュー】5種 サツキ江戸かき氷 抹茶 2160円、サツキ江戸かき氷 いちご1944円(各サービス料別)など
【氷の特徴】日光の天然氷・松月氷室の氷を、薄く躍動感があるように削る
【シロップの特徴】「和三盆」のかき氷には希少な和三盆や自家製黒蜜、藻塩。その他、フルーツのフレーバーには果汁100%のピューレなどを使用
【トッピング】なし
※すべてのメニューに、別途サービス料10%がかかります


KATO’S DINING & BAR
TEL:03-3221-2857
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ガーデンコート 6F
営業時間:11:30〜21:45(LO)、甘味タイム14:00〜17:00(16:30LO)
定休日:無休
予約:可
アクセス:東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」D紀尾井町口より徒歩3分
その他のメニュー:自家製わらび餅1728円、半兵衛麩ぜんざいとミルクジェラート1944円、プレミアムコーヒー1404円(すべてサービス料別)など

【入店・待ち時間について】
・比較的スムーズに入店可



PHOTO/YUKO CHIBA TEXT/SHIORI YAMAKOSHI、NAOMI TERAKAWA