【リレー連載】フォーリンデブはっしー&もえのあずき「東京食遺産」Vol.6

【リレー連載】フォーリンデブはっしー&もえのあずき「東京食遺産」Vol.6

「元祖! 大食い王決定戦」2回戦にて、本店の「ローストビーフ丼」12杯を食べて1位通過を果たしたもえあず

日夜食べ歩きに勤しむ食のアスリート2人が世界の人に食べてほしい絶品グルメを交代でご紹介。Youの胃袋をお・も・て・な・し♪今回は、大食いアイドル“もえあず”こと、もえのあずきが登場!

■ 幸福&口福を呼ぶローストビーフ丼

今回、もえあずが訪れたのは高田馬場の超人気店「レッドロック」。名物はご存知「ローストビーフ丼」。日本百名山に選ばれてもおかしくない、山盛りのローストビーフが鎮座まします肉丼だ。

「私、お礼参りがしたいんです!ガツンと行っちゃいますよ〜!」

も、もえもえきゅんきゅんはどこに!?もえあずの物騒な発言に耳を疑う。いったい、この店に何をされたというのか!?

「んも〜! 違いまーす? ここは私にとってすごく大切なお店なんです。2016年の『元祖! 大食い王決定戦』2回戦がここの『ローストビーフ丼』で、12杯を食べて1位通過。その勢いに乗って、爆食女王のタイトルを防衛できたんです。だから、ありがとうございますってお礼参りです?」

もちろん、日本に遊びに来た外国の人におすすめしたいポイントもバッチリ押さえているという。

「ローストビーフを食べる国はいっぱいあるけど、ご飯と一緒に食べる経験はないと思うんです。“丼”は日本ならではの食文化。日本でローストビーフの新しい楽しみ方に出会ってもらえたら嬉しいな。それと、ここはお肉の上に卵黄がのっているんですけど、生卵をあまり食べない外国の方にぜひ挑戦してもらいたいです。習慣として食べないだけで、食べたらおいしいって言ってくれると思う。日本は卵が新鮮で安全だから生で食べられると聞いたので、日本が誇る食の安全面もアピール?」

そして、幸運を呼ぶ丼が女王の凱旋をお出迎え。

「見てくださーい! お肉てんこ盛りで、なんてフォトジェニック?それでは、ありがとうございます。いただきます。んんしぃ?(おいしいの意)これを考えた人、天才です!お醤油ベースの甘辛いタレが、赤身のお肉にすごく合う〜。上にのったこのヨーグルトソースもレアに仕上げられたお肉の旨味を引き立ててくれて、さっぱりクリーミーでいいんです〜。お肉が山盛りすぎて、ご飯になかなかたどり着けないのも最高です!焼肉も大好きですが、やっぱり生が一番好き〜。最近なかなか食べられるお店がないから、レアっぽいお肉をお手頃に味わえるお店はありがたいですよね〜」

激戦を勝ち抜いた思い出の味に、熱い想いが湧き上がる。

「ここは神戸が本店で、私も同じ関西出身。東京に出てきて頑張っているっていうのは、仲間意識を持っちゃいます。しかも東京どころか日本中でブームを巻き起こすなんてすごい。私もこのローストビーフ丼くらい高〜い山のてっぺん目指して頑張ります!」

■ もっと食べたくなるMoe?pedia

ローストビーフは伝統的なイギリス料理。かつて貴族が日曜日に牛一頭を丸ごと焼いて食べたという「サンデーロースト」の習慣から、現在でも日曜にローストビーフを焼き、月曜まで食べることが多いんだとか。

■ 今回のお店「レッドロック」(高田馬場店)

大人っぽいシックなバルスタイルの店内で肉料理を楽しめる。神戸から東京進出を果たし

5年経った現在も、連日大行列が続く。近年のローストビーフブームの火付け役で、肉汁したたる「ローストビーフ丼」が大人気。

場所:豊島区高田3-11-14/電話03-6380-3917/営業:11:30〜23:00(LO)、日・祝11:30〜22:00(LO)/休み:なし

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)