【神戸観光】ユーハイムやカファレルも!本店だけの限定イートインスイーツ4選

【神戸観光】ユーハイムやカファレルも!本店だけの限定イートインスイーツ4選

「お皿盛りドルチェ」(1296円)。写真の「ジャンドゥーヤ」のほか、約15種のドルチェから選択可/カファレル 神戸北野本店

神戸を訪れたなら、ほかでは味わえない限定のお菓子やスイーツはチェックをしておきたい。そこで、デパ地下などでおなじみの有名洋菓子店が提供する、神戸にある本店でしか楽しめない“限定イートインスイーツ”を紹介!<※情報は神戸ウォーカー(2016年9月9日発売号)より>

■ 「神戸?月堂」の職人技が光るアートな“デザートプレート”

「神戸?月堂 元町本店 サロン・ド・テ」は、洋菓子の老舗のサロン。自慢のケーキはもちろん、「キッシュセット」(1080円)などのランチも好評だ。パティシエがスイーツを目の前で作ってくれるカウンターメニューは予約がベター。

「カウンターメニュー」(1404円)。写真は「パティシエの旅 夏を旅する-石庭」。注文を受けてからパティシエが作る、アーティスティックなデザートプレートは、月替りで2種類が登場! ※写真は2016年8月のメニュー。

ゆったりとした上質な空間が広がり、リッチな気分に浸れる。さまざまな受賞経歴を持つ、パティシエの西村潤司さんがカウンターメニューを担当する。

■ 「カファレル」のゴージャスな“ドルチェ”を楽しむ!

「カファレル 神戸北野本店」は、1826年創業、イタリア発の老舗チョコレートブランド。看板商品のチョコレート・ジャンドゥーヤを筆頭に、ラインナップは多彩だ。併設のカフェでは、ドルチェを華やかな盛り付けで楽しめる。

「お皿盛りドルチェ」(1296円)。写真の「ジャンドゥーヤ」のほか、約15種のドルチェから選択可。旬の果物などを添えた皿盛りで贅沢に。ドリンク付きは1728円。

白を基調にした、上品な雰囲気が漂う落ち着ける店内。

■ 「ユーハイム」で6段重ねたふんわり“ショート”を堪能!

「ユーハイム神戸元町本店」は、ドイツの菓子職人が創設した洋菓子の老舗。本店では、通常のバウムクーヘンと配合を変えた「マイスターの手焼きバウム」(454円/100g)を販売。サロンでは特製ショートケーキが食べられる。

「神戸元町本店特製ショートケーキ(ドリンク付き)」(1080円)。柔らかさと大きさゆえ、あらかじめ横倒しにした状態でサーブしてくれる。

ヨーロッパのカフェを思わせるクラシックな空間。創設者の写真が飾られている。

■ 「御影高杉」の鮮やかフルーツのミルフィーユに胸キュン!

「御影高杉 御影本店」(※高はハシゴダカ)は、「フランス菓子文化のおいしさと食文化を正しく伝えていきたい」という高杉良和シェフが率いる、関西を代表するパティスリー。ミルフィーユや「アシェット」(1296円)などは本店でしか味わえない。

「ミルフィユ・オ・フリュイ」(1080円)。店内で焼き上げるパイ生地とカスタードクリームを重ねたミルフィーユ。

「りんごのパイ」(1296円)や本店限定商品の「御影ショコラ」(1728円)も要チェック!【関西ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)