北海道限定の「ビッグマンチューハイ」、クセになる“なまら”な味わい

北海道限定の「ビッグマンチューハイ」、クセになる“なまら”な味わい

「ビッグマンチューハイ」(税別141円)

クセになる「すっぱい」「しょっぱい」「すっきり」の“なまら”な味わい。

オエノングループの合同酒精株式会社は、北海道No.1焼酎の「ビッグマン」シリーズに「ビッグマンチューハイ」(税別141円)の3種類を加え、6月6日(火)に北海道エリア限定で発売する。

「ビッグマン」は、北海道売上No.1の甲類焼酎を中心としたシリーズ。1986年の発売以来、すっきりとした味わいと“ビッグ”な容量で人気を博している。「ビッグマンチューハイ」は、北海道旭川工場で製造した原酒をブレンドし、こだわりの味わいに仕上げたチューハイとなっている。

今回発売されるのは、「なまらすっぱいレモン」と「なまらしょっぱいウメ」、「なまらすっきりドライ」。商品名の“なまら〜”は、北海道の方言で“とても〜”を意味し、クセになるこだわりの味わいを表現している。「なまらすっぱいレモン」はレモン果皮をじっくり漬け込んでから蒸留した“北海道産レモンスピリッツ”をブレンド。地中海沿岸産レモン果汁を5%使用することで、レモンの爽やかな果実感と強烈な酸味を楽しめる味わいで、体にうれしいプリン体ゼロに仕上げている。

「なまらしょっぱいウメ」は、ウメの旨味とほどよい塩味に相性抜群の“北海道産しそ焼酎”を隠し味にブレンドした深みのある味わい。こちらも、プリン体ゼロとなっている。

「なまらすっきりドライ」は、“北海道産ドライジン”をブレンドすることで、甘さをおさえたシャープな味わいとすっきりキレる後味を追求。糖質ゼロ、プリン体ゼロに仕上げている。

北海道エリア限定の一本で、“なまら”最高なときを過ごそう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)