今日が最後のチャンス!コスパ最強“500円まかない飯”で人気店を食べ尽くせ

今日が最後のチャンス!コスパ最強“500円まかない飯”で人気店を食べ尽くせ

記者が会場で見つけた行列覚悟でも食べたい3店舗のまかない飯を紹介!

アルバイト求人情報サービス「an」が開催する、“まかない飯”だけを集めた野外グルメイベント「anまかないフェス2017」。大坂・名古屋の2会場で合わせて10万1000人を動員した一大イベントもいよいよ大詰め。フィナーレとなる第3弾の東京会場は5月28日(日)までの開催だ。

そこで、行こうかどうかまだ迷っている人のために、記者が会場で見つけた行列覚悟でも食べたい3店舗のまかない飯を紹介!

■ 西麻布 けんしろう「必殺!低温調理サガリステーキ」

ハラミ(横隔膜)の一部である希少な部位のサガリが、500円とは思えないボリュームのステーキで食べられる。職人による絶妙な火入れにより旨味だけを抽出したサガリステーキは、生肉のような柔らかさとジューシーさを兼ね備えた逸品!素材の旨味を最大限に引き出した、ほかに類を見ない味わいは、熟練の職人が施す低温調理ならでは。特製のオニオンソースでさっぱりと味わえる。

■ 希須林「魯肉飯」

食べ応えのあるバラ肉としっとり柔らかなモモ肉の2種の豚肉を使った「魯肉飯」。醤油やニンニク、五香粉などでじっくりと煮込み、味に深みが出るよう、砂糖の代わりにザラメを使っているのもこだわり。ごはんが進む濃厚な甘辛味だ。

■ らーめん 五ノ神精肉店「五ノ神精肉店の肉汁和え麺」

3種の豚肉の旨味が麺に絡む肉尽くしの和え麺。モチモチの自家製中太麺に、チャーシューの煮汁をベースにした旨味が凝縮された肉汁ソースと豚の脂を絡め、甘辛く煮た肩ロースチャーシュー、バラ、そぼろの3 種の豚肉を豪快にトッピング。熱々の麺の下に具が隠れた状態で提供されるので、よ〜くかき混ぜて味わおう。極太の自家製三角メンマも美味!

■ 個性豊かなゲストがまだまだ登場!

また、各店こだわりのまかない飯が食べられるこのフェスはステージ企画も盛りだくさん。個性豊かなゲストがイベントを盛り上げている。

最終日となる28日(日)にはエレキコミック・やついいちろうと松嶋初音の夫婦共演をはじめ、フォロワー33万人のインスタ女王・田中里奈や、テラスハウスで大人気の近藤あやら注目ゲストがまだまだ登場!

気になってはいたけど行くかどうか迷っていた人や、今日はのんびりすると決めていた人も、普段お店のスタッフしか味わえない“まかない飯”を堪能できるチャンスを逃す手はないですよ!【ウォーカープラス編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)