ノンアルビールに新トレンド!注目ワードは“氷でキンキン”オールフリー

ノンアルビールに新トレンド!注目ワードは“氷でキンキン”オールフリー

猛暑が予想される今年の夏におすすめ!氷が入ったキンキンに冷たい「オールフリー」で乾杯しよう

5月中から各地で真夏日が観測され、猛暑が予想されている今年の夏。そんな中、サントリービールが提案する、ノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」に氷を入れる新たな飲み方に、注目が集まっている。

「オールフリー」はアルコール度数0.00%、カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロを実現した機能面に加え、ビールらしい味わいや、すっきりとした後味が特長。

今回、同商品はリニューアルを実施し、5月中旬製造分から順次、全国で発売を開始した。新しく生まれ変わった「オールフリー」は、“4つのゼロ”はそのままに、麦の旨味とすっきりとした後味、軽快なのどごしがさらにアップしている。

その新「オールフリー」に氷を入れて、キンキンに冷たい状態でグビッと一口。氷を入れると味が薄まってしまうのでは?という予想に反し、これが非常においしい。メディア向けの試飲会で記者も実際に試してみたが、とにかく爽快な口当たりで、ゴクゴクと喉を通っていく。味が薄く物足りない、なんてことは一切なく、むしろ麦の旨味と香りがダイレクトに伝わってきた。

正直なところ、これまでいわゆるノンアルコールビールを飲む時は、事情があって仕方なく飲むことが多かったのだが、氷を入れた「オールフリー」は、進んで飲みたくなる新感覚の味わいだった。このような感想を持っているのは記者だけではなく、同社が行った調査によると、83%の人が氷を入れた「オールフリー」をおいしいと回答しているそうだ。

味覚コンサルタントの菅 慎太郎氏は、おいしさの理由を「氷を入れて冷たくすることで、炭酸の刺激を感じやすくなり、爽快感、刺激が増す効果があります」と分析する。さらに、口に含んだ際に温度が上昇することで、心地よい香り、旨味を強く実感できるのだという。

「氷でキンキン!オールフリー」は、230店舗以上のプロントや、IL BAR5店舗、品川ビアガーデンなどで先行販売中。今後は全国1万店規模での展開を計画しているそうだ。

家庭で楽しむ際は、「オールフリー」とグラス、またはジョッキを事前によく冷やし、氷をぎっしり入れるのがポイント。使用する氷は、溶けにくい“かち割り氷”がおすすめだという。

また、6月27日(火)から9月11日(月)までの期間、二層構造で冷たさをキープできるオリジナルジョッキが、抽選で5000名に当たるキャンペーンも実施する。

今夏のトレンドになることが予想される「氷でキンキン!オールフリー」。猛暑を吹き飛ばす「オールフリー」の新たなスタイルを、ぜひお試しあれ!【ウォーカープラス編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)