中田英寿も絶賛!世界一おいしい日本酒を決める「SAKE COMPETITION 2017」発表

中田英寿も絶賛!世界一おいしい日本酒を決める「SAKE COMPETITION 2017」発表

各部門を受賞した日本酒

出品酒数世界最多の日本酒コンペティション「SAKE COMPETITION 2017」の表彰式が6月5日(月)に開催され、全7部門の結果が発表された。

6回目の開催となる2017年は、海外からの出品を含む1730点もの日本酒が出品。表彰式には実行委員を務める中田英寿氏や、マルチな活躍を見せるいとうせいこう氏、女優の平山あや氏、モデルの谷まりあ氏、クリエイティブディレクターの水野学氏がゲストプレゼンターとして登場し、各部門上位に輝いた蔵元を表彰した。

2017年から新設された「ラベルデザイン部門」では、新潟県の越後鶴亀の「越後鶴亀 越王 純米大吟醸」が1位を受賞。審査員を務めた水野氏が、「デザインに正解はないとは思いますが、審査員3人ともが共通で良いという答えになったので、正解はあるのかもしれませんね」とデザインを高く評価した。同じく今年から始まった「発泡清酒部門」1位は岩手県の「南部美人 あわさけ スパークリング」が獲得。「初めて作った発泡清酒が1位になり、ふるえるほど嬉しいです」と蔵元は喜びを噛みしめていた。

「純米酒部門」では、三重県・清水清三郎商店の「作 穂乃智」が1位に。最多出品数の518点の中から選ばれた「純米吟醸部門」は、仙頭酒造場の「土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦」が、「純米大吟醸部門」は、土井酒造場の「開運 純米大吟醸」が、そして「吟醸部門」は茨城・来福酒造の「来福 大吟醸 雫」がそれぞれ1位を獲得した。

山梨県・山梨銘醸の「七賢 純米大吟醸 大中屋 斗瓶囲い」は「Super Premium部門」に加え、「ダイナースクラブ若手奨励賞」とダブル受賞。山梨県出身の中田氏は「今まで故郷山梨の日本酒が出てくる機会が少なかったが、今回山梨の日本酒が1位になり非常にうれしいです」と驚きと喜びが混ざりあった様子で語った。また蔵元の北原さんは、自身の青春時代に中田氏がサッカーで活躍していたこともあり、「同郷の中田さんにこうして評価いただいてとてもうれしいです」と受賞を喜んだ。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)