編集部員が覆面調査!今行くべきランチ食べ放題【横浜中華街編】

編集部員が覆面調査!今行くべきランチ食べ放題【横浜中華街編】

「小籠包専門店 萬源酒家」の食べ放題は全日・大人1814円。前菜から海鮮・肉料理まで80種類のメニューが食べ放題だ!

一定料金を払えばおなかいっぱい食べられる、食べ放題。神奈川県内にもたくさんの店舗があるが、「安いけど、味はイマイチ…」「思っていたより割高かも?」と、誰もが一度は店選びに失敗したことがあるのではないだろうか?

そこで、横浜ウォーカー編集部が神奈川県内にある、1880円以下のランチ食べ放題がある店から厳選した54店舗を覆面調査!「味」はもちろん、「居心地」「料理の種類」「料理の補充ペース」など、30項目以上にわたってチェックし、本当におすすめしたい店をピックアップ。

今回は地元の人はもちろん、他県からも訪問が多い横浜中華街にある3店舗を紹介する。食べ放題のメッカでもある横浜中華街の中で、行くべき店とは?編集部が食べて食べて食べまくって選んだ店をチェックしよう!

■ 小龍包専門店 萬源酒家(しょうろんぽうせんもんてん まんげんしゅか)

東急みなとみらい線「元町・中華街」駅2出口より徒歩2分の駅チカにある、小籠包が看板メニューのオーダー式食べ放題の店。80種食べ放題が1814円で時間制限はなく、土日祝日も同料金。その上、営業時間中いつでも注文OKだ。

オーダーできる料理は、前菜から炒め物、揚げ物、麺類、点心など幅広い。味が濃すぎず、油も控えめで食べやすい「鶏肉とカシューナッツ炒め」や、プリプリのエビが入ったジューシーな「海老入りシュウマイ」などが味わえる。メニューごとに味にメリハリがあって、いろいろと食べても飽きない。ピークを避ければオーダーしてから比較的すぐ出てくるので、待つことなく食べられるのもポイントだ。ただし、「マーボー豆腐」や「チャーハン」、麺類は1人前の量が出てくるため、少人数で行く場合は注意!全体的にボリュームのある料理が多いので、様子を見ながら注文しよう。

ほかに、ドリンクバー付き138種2138円、アワビやフカヒレも選べる158種2311円もある。

■ 七福 小籠包専門店(しちふく しょうろんぽうせんもんてん)

上海カニ味噌小籠包が有名なオーダーバイキングの店。食べ放題は67品コース(1814円)と、133品コース(2678円)があり、ともに時間無制限。土日祝日も同料金で、夜でも利用が可能だ。

67品コースのメニューは点心・飲茶が中心で、麺類、ご飯類、デザートもある。すべて手作りで冷凍をしないという自慢の一品「小籠包」も含まれているのでぜひ味わおう!できたての小籠包や焼売は、ジューシーで旨味がたっぷり!熱いので注意しよう。

■ 酔龍(すいりゅう)

毎日11:30〜14:00に実施されるランチブッフェ(120分制平日980円、土日祝日1280円)が人気の店。

しびれる辛さの麻婆豆腐や甘酸っぱい酢どりなど、中国料理の特徴が楽しめる多彩な料理約30種類が全部食べ放題。料理が常に補充されるため、できたてを味わえる。ランチはオーダー式ではないので、量も自分で調整できるため、1人での利用もしやすいのがポイントだ。ドリンクバーは別途300円で追加できる。夜は、オーダーバイキングで1680円。

混雑するピークは12:00〜13:00ごろなので、その時間は避けるのがおすすめ。おなかが苦しくなるほど中華を味わいたいなら、ぜひ一度行ってみて!【横浜ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)