ディズニーの七夕ブッフェ!“天の川”モチーフの料理などを提供

ディズニーの七夕ブッフェ!“天の川”モチーフの料理などを提供

七夕の行事食として奈良時代から食べられているという「そうめん」を使用した「そうめんサラダ」

東京ディズニーランドホテルでは7月7日(金)まで、東京ディズニーランドで開催されている「ディズニー七夕デイズ」にちなんだ、スペシャルメニューを提供している。

今回紹介するのは、ブッフェレストラン「シャーウッドガーデン」で楽しめる「“ディズニー七夕デイズ”ランチブッフェ/ディナーブッフェ」(ランチブッフェ大人3610円、/ディナーブッフェ大人4630円)。ブッフェ台には、“天の川”や“短冊”をイメージした、七夕気分を盛り上げる料理がずらりと並ぶ。

今回、注目したいのは、七夕の行事食として奈良時代から食べられているという「そうめん」を使用した「そうめんサラダ」。天の川や織姫の織り糸に見立てて楽しまれてきたというそうめんに、今回はツナや錦糸卵、ネギやハーブをトッピングし、オリーブオイルやすだち果汁でお洒落に味付けした。

「白身魚の笹の葉蒸し カレンデュラソース」は、神聖なものとして扱われてきた“笹の葉”を使用。甘みを感じる白身魚に、クリーミーで優しい味わいのカレンデュラソースを合わせた。

また、ココッツロングをのせた「ローストチキン グリーンカリーソース」は、本格的なタイカレーの味わい。織姫と彦星をイメージしたという「シュガークラフトブレッド」は、ピンクとブルーのグレーズがかかった星形パンで、見た目にもかわいく仕上がっている。【ウォーカープラス編集部/Raira】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)