目と舌で「ディズニー七夕デイズ」を満喫!ホテルミラコスタの七夕ディナー

目と舌で「ディズニー七夕デイズ」を満喫!ホテルミラコスタの七夕ディナー

七夕の世界観を表現した、芸術的なビジュアルにうっとり!「グレープフルーツのムースとローズマリー風味のピンクグレープフルーツソルベ」

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでは、パークで開催中の「ディズニー七夕デイズ」と連動したスペシャルメニューを、7月7日(金)まで提供している。

今回は、ロマンチックな七夕ディナーを演出してくれる、地中海料理レストラン「オチェーアノ」の「“ディズニー七夕デイズ”ディナーコース」(1万290円)をご紹介!

同レストランの「“ディズニー七夕デイズ”ディナーコース」は、前菜からデザートまで全5品で構成。なかでも七夕ならではのビジュアルで一際目をひくのが、デザートの「グレープフルーツのムースとローズマリー風味のピンクグレープフルーツソルベ」だ。

漆黒の皿の中央で凛と佇むのは、竹をイメージした筒型のチョコレート。中にはグレープフルーツのムースや、ローズマリーが上品に香るグレープフルーツソルベが入っている。その周りにはフレッシュグレープフルーツとサクサクのクランブルがあしらわれ、食感の変化も楽しい。

織姫と彦星、天の川を表現した前菜も七夕らしさ満点。真鯛のハーブマリネで彦星を、アワビのコンフィで織姫をイメージし、皿の中央に竹炭で天の川を描いている。レモンやビネガーを合わせた酸味のあるソースで、さっぱりといただける。

メインの肉料理は季節感あふれる一皿。柔らかな牛フィレ肉の下にはナスが隠れている他、ヒヨコ豆の粉で作った生地を焼いた料理“パニス”が添えられているのもユニークだ。

なお、同コースには、パークとはデザインの異なる、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタオリジナルのウィッシングカードがついてくる。

皿の上に広がる、美しく繊細な七夕の世界。オチェーアノでロマンチックな七夕ディナーを堪能してみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)