常夏のスイーツが大集合!博多で「南国フルーツフェア」開催

常夏のスイーツが大集合!博多で「南国フルーツフェア」開催

「プレミアム氷白くま 」(750円)。ふわふわのミルキーな氷に、約10種のフルーツをのせてとっても贅沢!

福岡サンパレスホテル&ホール(福岡市博多区)の「レストラン&カフェ Lagoon(ラグーン)」 で8月31日(木)まで「南国フルーツフェア」が開催中。南国フルーツを使った夏にぴったりのスイーツが5種お目見えする。

鹿児島の伝統スイーツ「氷白熊」を、ふわふわ食感でミルキーなプレミアムかき氷を使ってアレンジした「プレミアム氷白くま 」(750円)が今年も登場。マスクメロンなど約10種のフルーツをトッピングした贅沢な一品だ。

シェフのイチオシは、南国フルーツとマンゴーアイスをのせた「マンゴーパフェ 」(880円)。マンゴーにオレンジやグレープフルーツ、キウイなどの南国フルーツをのせて、濃厚ながらもさっぱりとしたパフェに仕上げた。

また、糸島のブランド卵「伊都の夕陽」を使った自家製エッグタルトに、フルーツをたっぷり添えた「特製エッグタルト」(550円)が新登場する。

他にも、さわやかな和スイーツ「彩りみつ豆 バニラアイスのせ」(600円)や、バニラアイスを隠したかき氷にマンゴーとマンゴーアイスをのせた「特製マンゴーかき氷」(600円)が楽しめる。南国フルーツたっぷりのひんやりスイーツで夏の暑さを乗り切ろう!【九州ウォーカー編集部/文=秋武宏美】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)