1度食べたら病みつきに!!「CHRONIC TACOS」ついに日本にオープン予定

1度食べたら病みつきに!!「CHRONIC TACOS」ついに日本にオープン予定

2002年にカリフォルニア州オレンジカウンティの海沿いの高級住宅街ニューポートビーチに1号店をオープンした「CHRONIC TACOS」

K&BROTHERSは、7月5日付けで、アメリカやカナダなどに50店舗展開(2017年7月時点)しているカリフォルニアン・メキシカン「CHRONIC TACOS(クロニックタコス)」の日本でのマスターフランチャイズ権を取得する契約を締結した。2017年中には都内に1号店をオープンする予定だ。

■ CHRONIC TACOSとは

今、アメリカではファストカジュアルが大人気。ファストカジュアル市場の約20%をメキシカンがシェアしており、特に20代から30代の世代から高い支持を得ている。中でも2002年にカリフォルニア州オレンジカウンティの海沿いの高級住宅街ニューポートビーチに1号店をオープンした「CHRONIC TACOS」では、本格的で新鮮なカリフォルニアン・メキシカン料理を「Made to Order(注文を受けてから調理)」するサービスや、斬新な店舗デザインが大好評。

その名の通り、1度食べれば病みつきになる(「CHRONIC=病みつき」の意味)体験を提供して、地元のメジャーリーグ「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」にも出店するなど、味と品質にうるさいカリフォルニア市民から絶大な支持を受けている。現在、アメリカ9州とカナダに50店舗以上を展開しており、2017年だけでさらに15店舗を新規オープン予定。

日本での1号店オープンが楽しみだ。【ウォーカープラス編集部/オオツカナナ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)