【京都観光】実は消費量全国1位!京都の最新コーヒーショップ3選

【京都観光】実は消費量全国1位!京都の最新コーヒーショップ3選

「アイスカフェラテM」(手前・500円)、「アイスコーヒーS」(奥・350円)/Unir 京都マルイ店

粋な文化人たちが集う喫茶店でコーヒー文化が発展してきた京都。質を極めた専門店から遊び心あふれる個性派スタンドまで、最新のコーヒーショップが続々。蒸し暑い夏の京都で歩き疲れたら、冷たいコーヒーでリフレッシュ!<※情報は関西ウォーカー(2017年7月4日発売号)より>

■ 夏の京都観光のお供に本格コーヒーを

スペシャルティコーヒー専門の人気店「Unir」が京都マルイに新店をオープン。バリスタの動作が間近に見られるスマートデザインの最新マシンや、乳業会社と開発を重ねた深い味わいのスペシャルティコーヒーソフトはここだけのお楽しみ。

「アイスカフェラテM」(手前・500円)、「アイスコーヒーS」(奥・350円)。

「スペシャルティコーヒソフトクリーム(コーンorカップ)」(380円)。時期ごとの厳選豆をバリスタが抽出したエスプレッソを使用する。

「スペシャルティコーヒー豆の販売は季節替りの約4種。もちろんすべて試飲OK。200g以上購入いただくと、Sサイズのドリンクサービスが付くのでお得です」と、バリスタの平井孝弥さん。

■Unir 京都マルイ店<住所:京都市下京区四条通河原町東入ル真町68 京都マルイ1F 電話:075-354-5078 時間:10:30〜20:30 休み:京都マルイに準じる 席数:なし 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅と地下で直結>

■ 人気コーヒースタンドの2号店

2017年3月に神戸でオープンし、インスタグラムで火が付いた話題の店「W/O STAND」が京都に。イタリア製マシン「ラ・マルゾッコ」で丁寧にいれる、オリジナルブレンド豆のエスプレッソやカフェラテほか、月替りや京都店限定のドリンクも!

写真右から「アイスカフェラテ」(450円)、「抹茶ラテ」(600円 ※京都店限定)、「ブルーソーダ」(500円 ※8月末ごろまで)。神戸店のニール・ヤングに続き、京都店はルー・リードがモチーフ。

ブルーの扉が目をひくレンガ風のかわいい店構え。新京極公園の斜め前にある。

■W/O STAND京都店<住所:京都市中京区裏寺町通四条上ル裏寺町607-18 電話:非公開 時間:11:00〜19:00 休み:不定休 席数:ベンチ約5人、スタンディング約5人 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅より徒歩3分>

■ 週末は朝5時まで営業のカフェバー

クリエイティブな遊び場を展開する「WORLD,KYOTO」の1階「POP KYOTO」では、2017年4月よりカップも丸ごと食べられるエコプレッソが仲間入りし、「エコプレッソ京都」としても始動。自分で作る綿アメとのコラボで若い女性を中心に話題!

「エコプレッソ」(600円)や、「抹茶エコプレッソ(アフォガード)」(700円)などに、プラス100円で綿アメのトッピングが可能。

「エコプレッソマキアート」(650円)。カップまで食べられるクッキーと、思わず撮りたくなるかわいいラテアートが大人気!

■エコプレッソ京都<住所:京都市下京区真町97イマージアムビル1F 電話:075-252-0182 時間:13:00〜翌1:00、金土祝前日13:00〜翌5:00 休み:なし 席数:20席 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅より徒歩1分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)