世界の食のトレンドを牽引!billsが関西初上陸

bills関西エリアに初出店へ

世界の食のトレンドを牽引!billsが関西初上陸

世界の食のトレンドを牽引!billsが関西初上陸

「bills 大阪」が11月3日(祝)にオープン。「フレッシュオージーブレックファースト」(写真左)や「フルオージーブレックファースト ブレックファーストサラダ 」(写真右)が楽しめる

11月3日(祝)、JR大阪駅直結の「LUCUA 1100(ルクア イーレ)」の7階に、オールデイカジュアルダイニング「bills」が、関西エリア第1号店となる「bills 大阪」をオープンする。

シドニー発のオールデイカジュアルダイニング「bills」は、レストランターであるビル・グレンジャーが、自身の出身地であるシドニーに「bills Darlinghurst」として1993年に第1号店をオープン。現在では、5か国で17店舗をグローバルに展開している。ニューヨークタイムズが発行するT-Magazineは、ビル・グレンジャーを“オーストラリアからのマジシャン”と称し、ロンドンにおける食文化を変化させた一人であると紹介している。

今回、満を持して関西エリアに初出店する「bills 大阪」は、こだわり抜かれたインテリアやアートワークが店内各所に散りばめられ、リラックスできる空間となっている。世界の食のトレンドを牽引するメニューは、バラエティ豊かなラインナップ。LAやNY、ロンドン、シドニーで広くトレンドとなっている”Grain Bowl”を朝食用にアレンジし、スーパーフードを多く使用した朝食限定の「ブレックファーストサラダ」、日本のとんかつサンドからインスピレーションを受けたランチ限定の「フライドチキンサンドイッチ」、英国・エリザベス女王からお墨付きをもらったオーストラリアの郷土焼き菓子「パブロバ」、一日の終わりにリラックスした空間で味わう「bills オリジナルカクテル」など、朝食からディナーまで独自のセンスでアレンジされたメニューが楽しめる。

ビル・グレンジャーは大阪のイメージについて、「関西の人々は、東京に比べるとリラックスしていてフレンドリーで明るくてオープンな感じがする。その部分は私の出身のオーストラリアの人々に似ていると思うので、僕にとってもこの街はリラックスできるんだ。」とコメント。

グローバルブランドとして、美食家やファッションフォワードに人気の同店。最新のブランドエッセンスと、“天下の台所”大阪が融合して生まれる「bills 大阪」で、食のトレンドを楽しもう。【ウォーカープラス編集部/ホシ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)