専門店も急増中!東海の”煮干し系ラーメン”人気店5選!

専門店も急増中!東海の”煮干し系ラーメン”人気店5選!

「麺座 かたぶつ」のらーめん(730円)

専門店ができたり、人気店が続々とメニュー化したりと、東海エリアに浸透しつつある「煮干し系ラーメン」。その名の通り、煮干しを中心にダシをとったスープで作ったラーメンで、独特のえぐ味が後を引くのが特徴だ。今回は東海エリアの煮干し系ラーメンが食べられる人気店から、厳選した5店を紹介する!

■ 麺座 かたぶつ

岐阜の名店「白神」で修業を積んだ店主が営む。店主は「白神」で食べた限定麺がきっかけで、煮干し系を追求しようと決心。全国の煮干しを試し、時期による味の違いまでもこだわったらーめん(730円・写真)は、煮干しの風味をしっかり感じさせつつも、豚骨や鶏ガラによりマイルドな味わいに仕上がっている。

■ 煮干鰮らーめん 圓

東京の煮干し系の名店、「煮干鰮らーめん 圓」の2号店。煮干しの風味をダイレクトに感じたい人におすすめなのが、特製塩らーめん(980円・写真)。スープを弱火で長時間かけて抽出することで、じわりと煮干しの風味が感じられる滋味深い味に仕上がっている。時間の経過により風味が深くなっていくため、より煮干しの味を感じたいなら夜の営業時間に来店しよう。

■ すごい煮干ラーメン凪

煮干し系ラーメンブームを牽引する人気店の、東海エリア初店舗。日本全国から厳選した20種類以上の煮干しを使ったスープが評判だ。看板メニューの煮干しラーメン(850円・写真)は、オリジナルの手もみ中太麺と、きしめんよりも太いいったん麺の2種類を使用。それぞれで異なる食感の変化が楽しめる。

■ らぁ麺や 汐そば 雫

汐そば(760円)が有名な、淡麗系の名店。1日5杯しか販売されない煮干し中華そば(800円・写真)は、スープを一切沸騰させないことで、えぐ味や濁りのないスープに仕上げ、煮干しが本来持つ甘みを抽出している。

■ ラーメン・つけ麺 営利庵

多彩な煮干しラーメンがそろう専門店。水に浸した煮干しをゆっくり加熱しながらダシを取った煮干ししょうゆラーメン(730円)は、丸鶏のスープとのバランスが秀逸だ。特煮干し極ラーメン(780円・写真)は、加熱と冷却を繰り返し、限界まで濃度を上げた煮干しスープが特徴。煮干しのえぐ味は強いが、雑味が一切なく、強い風味とコクが味わえる。【東海ウォーカー/吉川明里】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)