ロケーション抜群!冬でも行きたい糸島のおすすめカフェ5選

ロケーション抜群!冬でも行きたい糸島のおすすめカフェ5選

通年提供しているパスタ「海老と帆立のカレートマトクリーム」(1700円)

日本全国から観光客が集まる人気のエリア・糸島。抜群のロケーションと、豊かな土壌で育った食材を楽しみながら、のんびり贅沢な時間を過ごせるイチオシの“糸島カフェ”5店をピックアップ。

■ 二見ヶ浦ビーチの、今の人気を築いたレジェンド店「PALM BEACH」

まだ糸島の注目度も低かった9年前にオープンし、近隣のカフェやレストランと一緒に二見ヶ浦エリアを人気観光地に押し上げた定番店。

店内やテラス席から二見ヶ浦の海を一望できる絶好のロケーションで、特に目の前に夕陽が沈むサンセットタイムの美しさはひとしおだ。

イタリアンをベースにした料理に定評があり、なかでも糸島の新鮮な旬野菜などをふんだんに使った季節替りのパスタがフードメニューの看板。オープン時から定番人気の「海老と帆立のカレートマトクリーム」に加え、クリーム系、トマト系など常時4種類を用意する。

デートの際におすすめしたいのがランチ、ディナーともに注文できる「MAREコース」(2人前4800円)。パスタとピザがそれぞれ1種類ずつ、さらにスープ、ガーリックシュリンプ、糸島ハーブ野菜サラダ、デザート、ドリンクまで付くお得なシェアコースで、カップルのオーダー率は7割を超える人気ぶりだ。

モチモチ食感の「自家製クレープ&ジェラート」(600円)など、デザートメニューのみの利用ももちろんOKなので、シーンを選ばず利用できるのもうれしい。

[ PALM BEACH ]福岡県福岡市西区西浦286 / 092-809-1660 / 11:00〜20:00、夏季は〜22:00(LO各60分前) / 休み不定

■ 料理にも雰囲気にも温かさがにじみ出る小さなカフェ食堂「Cafe食堂 Nord」

2013年7月に糸島にオープンした同店。店主の黒崎夫妻はともに北海道出身で、富良野の老舗カレー店「唯我独尊」や、系列のペンションで料理やサービスの腕を磨いた。その経験が活きているのが、黒い見た目からインパクト満点の「豚軟骨のカレーライス」(1000円)。

ひと口食べると、じっくりと炒めたタマネギや黒糖由来の自然な甘さと旨味が広がる。食べ進めるうちに、じわじわとスパイスの辛さや香りが迫ってくる技ありの一品で、一度食べるとクセになると評判だ。

他にも、手作りパンを器に見立て、中にキノコやソーセージたっぷりのグラタンを入れた「パン詰めグラタン」(1100円)や、小さめのパンをくり抜いて、ジャガイモや軟骨カレーを詰め、上にチーズをのせて焼き上げた「カレーパン(コーヒー付きセット)」(700円※15時以降の限定メニュー、テイクアウト450円)など、どのメニューにもオリジナリティがキラリと光る。

観光客が多い糸島エリアにありながら、のどかな雰囲気を感じられるのもいい。店が建つのは国道202号から少し南側に入った小さな山のふもとで、シーサイドとは一味違う、静かでのんびりとした空気を楽しもう。

[ Cafe食堂 Nord ]福岡県糸島市二丈深江2575-6 / 092-325-2790 / 11:00〜18:00(LO17:00) / 金曜休み

■ カジュアルにリゾート感を満喫するならココ!「SURF SIDE CAFE」

二見ヶ浦エリアの人気カフェレストラン「PALM BEACH」の姉妹店。どの席からも二見ヶ浦のビーチを一望できるロケーションが魅力で、店内にもサーフボードを飾るなどリゾート感は抜群だ。

自家製バンズにジューシーなパティや、厚切りベーコンなど具材をたっぷりサンドした「二見バーガー」(1100円)、特製デミソース仕立ての「ロコモコ」(1000円)、ハワイアンフードの定番「ガーリックシュリンプ」(1200円)など、がっつりとしたメニューを楽しむこともできる。

同店のメニューはすべてテイクアウトOK。二見ヶ浦のビーチで食事やこだわりドリンクを楽しむのもおすすめだ。

[ SURF SIDE CAFE ]福岡県福岡市西区西浦285-B / 092-809-1507 / 11:00〜19:00、土日祝10:00〜 / 休み不定

■ フラッと立ち寄れるシーサイドの脱力系カフェ「HINODE (ヒノデ)」

サーフィンやスタンドアップサーフィンなどマリンスポーツを楽しむ人が多い野北海岸で、ひときわ開放感のあるカフェ。海が見えるテラス、木の温かみのある店内にイートインスペースを設け、オープンな雰囲気が魅力だ。

メニューは「タコス」(450円〜)や「タコライス」(700円〜)などメキシカンフードがメインで、糸島産豚ミンチ、季節の野菜など地元の幸をふんだんに使用。ライス系のメニューには玄米を使うなど、ヘルシーさも重視する。

ブレンダーマシンを採用するソフトクリームも人気があり、なかでも深めに焙煎した豆を粗目に挽いて、ソフトクリームとミックスする「コーヒーブレンド」(400円)はカリッとした食感と香ばしいコーヒーの味わいが楽しめる必食スイーツ。あっさりとした「ゆずとてんさい糖ブレンド」(400円)など5種類をラインナップしているので、その時の気分で選べるのもうれしい。

できる限り自家製にこだわった食材を使っており、キッズ向けのメニューなどもあるので、ファミリーにもおすすめのカフェだ。メニューはどれも手ごろで、テイクアウトOKなので、海岸で味わうのもGOOD!家族や仲間と、開放的な空間で時間を忘れてのんびり過ごそう。

[ HINODE ]福岡県糸島市志摩野北2457 / 092-327-3046 / 11:00〜日没 / 木曜休み

■ ランチ、デザート、空間すべてに胸キュン「RED HOUSE CAFE」

同店は、元々、19年前に福岡市で雑貨店としてオープンし、6年前に糸島市の二丈深江でカフェとしてリニューアル。ナチュラルテイストの木製家具やレトロなアンティーク雑貨などをセンスよく配置したオシャレな空間が、女性の心を射止めている。

また、女子の心をつかんで離さないのが見た目にもかわいいスイーツの数々。旬のフルーツをたっぷり使う季節替りのメニューがおすすめで、とくに冬季限定で供されるイチゴのスイーツはSNSでも話題に上がるほど豪華なビジュアル。

クレープとパンケーキ、ブリュレを1つのスイーツに仕上げた「クレパンブリュレ」(1200円)などオリジナリティあふれるメニューも好評だ。

また、オーナーの岩橋さん自ら、農薬や化学肥料を一切使わず畑作りを行うなど、野菜を主役に掲げる食事メニューが評判だ。ランチはワンプレートスタイルの「サンタランチ」3種類(各1580円)、スパイシーな自家製カレーにサラダ、ピクルスが付く「タジンカレー」(1800円)、トマトピザとタマネギとベーコンのジェノバピザ(各1300円)をラインナップ。

癒しの空間はもちろん、野菜、肉などをバランスのいい食事が味わえる同店で、ゆっくりとくつろごう。

[ RED HOUSE CAFE ]福岡県糸島市二丈深江2545-1 / 092-325-0132 / 10:00〜17:00、日祝〜18:00、ランチ11:00〜15:00(日祝〜16:00) / 水曜・木曜休み(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)