福岡のスペシャルティコーヒーの先駆け!「manu coffee 柳橋店」

福岡のスペシャルティコーヒーの先駆け!「manu coffee 柳橋店」

テイクアウト用のカップに押印されたスタンプのオシャレなデザインにも注目。7:00〜12:00限定で提供している「グッドタイムコーヒー」(200円)は手頃な価格で日常使いにぴったり

スペシャルティコーヒーをカルチャーとして福岡に確立させたコーヒー専門店の代表格「manu coffee(マヌコーヒー)」。2003年に開業した春吉の1号店、大名の2号店に続き、2013年に開いたのが「manu coffee 柳橋店」だ。

コーヒー系ドリンクは20種以上とバリエーション豊富で、フレンチプレスコーヒーをはじめ、エスプレッソベースのアメリカーノやカフェラテ、スパイスが香るアレンジラテなどをそろえる。

豆は自社の「オオカミコーヒーロースターズ」で焙煎したものだけを使用し、豆売り(100g・800円〜)も行う。鮮魚店やカマボコ店などが軒を連ねる福岡市民の台所・柳橋連合市場内という立地も個性的で、ビビッドな黄色、青で統一された外観からして市場内では異色の雰囲気。

テイクアウトをメインとしたコーヒースタンドとしてはもちろん、2階には那珂川を見ながらゆっくり過ごせるカフェスペースを備えているので、さまざまなシーンで利用できる。柳橋連合市場で購入した総菜やパンの持ち込みがOKなのも、市場内店舗ならでは。

“博多おみやげ”と看板に掲げているように、「ドリップバッグ バラエティ(10個パックセット)」(1600円)など、観光客向け商品も販売する。また、「マグカップ」(3240円)などオリジナルグッズも人気だ。

現在、春吉店、大名店、柳橋店、承天寺店の4店舗を展開。毎月1回ずつ、全店舗でカッピング教室(1名2000円・おみやげ付き)も開催している。コーヒー好きの心をくすぐる同店で、お気に入りの一杯を見つけてみてはいかが?

[manu coffee 柳橋店]福岡県福岡市中央区春吉1-1-11 / 092-725-8875 / 7:00〜17:00 /日曜休み

【九州ウォーカー編集部/取材・文=諫山 力、撮影=戸高慶一郎】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)