和洋折衷を楽しめる!十五夜にお月見スイーツはいかが?

和洋折衷を楽しめる!十五夜にお月見スイーツはいかが?

「月ゆめモンブラン」(360円)紫芋のほっくりとした濃厚な味わいと生クリーム、粒餡との相性を楽しめる

シャトレーゼは、9月29日(金)から秋の夜長を楽しむ「お月見スイーツ」を、期間限定で全国のシャトレーゼにて発売する。「月ゆめモンブラン」や、月のうさぎをイメージした「月ゆめうさぎ」、山梨県産コシヒカリの生地で包んだ「月見団子」の3種類を展開する。

■ 「月ゆめモンブラン」(360円)

紫芋のほっくりとした濃厚な味わいと生クリーム、粒餡との相性を楽しめる和洋折衷のスイーツ。ダコワーズ、バニラスポンジの上に自家炊き粒餡、生クリームを重ね、紫芋クリームを絞った一品。月をイメージしたチョコレートをトップに飾り、お月見をより一層楽しめるモンブランに仕上がっている。販売期間は9月29日(金)から11月1日(水)まで。

■ 「月ゆめうさぎ」(280円)

うみたて卵を使ったなめらかなプリンに、カラメルソースとバニラスポンジを重ね、カスタード生クリームを絞った一品。ミルク感のあるプリンはさっぱりとした後味で、濃厚で香りのよいカラメルソースがアクセントになっている。月のうさぎが生クリームで表現され、目は苺ソースで、耳はチョコレートでイメージされた見た目の可愛らしいスイーツだ。販売期間は9月29日(金)から11月1日(水)まで。

■ 「月見団子」(こし餡/粒餡6個入り/388円) 、(こし餡13個入り/702円) 、(こし餡15個入り/810円)

こしあんは自社精米した山梨県産コシヒカリを白州名水で洗米・浸漬し、自社で製粉した団子生地で自家炊きこし餡を包んだこだわりの月見団子。歯ぎれのよい団子生地となめらかなこし餡が調和した月見団子に仕上がっている。粒あんは、米本来の風味と食感をいかした団子生地で自家炊き粒餡を包んだこだわりの一品。歯ぎれのよい団子生地と粒餡が調和した月見団子で、こちらは6個入りのみの販売となっている。販売期間は6個入りが9月29日(金)から10月4日(水)の十五夜までと、10月27日(金)から11月1日(水)の十三夜まで。13個入りは10月27日(金)から11月1日(水)の十三夜まで。15個入りは9月29日(金)から10月4日(水)の十五夜までとなっている。

十五夜はお月見スイーツを食べて秋の訪れを感じよう。【ウォーカープラス編集部/中居千優】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)