日本と台湾をコーヒーでつなぐ「DOMO CAF?」が グランドオープン!

日本と台湾をコーヒーでつなぐ「DOMO CAF?」が グランドオープン!

日本と台湾をコーヒーでつなぐ「DOMO CAF?」が グランドオープン!

台湾に拠点を置くDOMO株式会社は、東京におけるアジア文化の発信地・新大久保に「日本と台湾をコーヒーでつなぐ」をコンセプトとした「DOMO CAF?」を9月19日にグランドオープンする。  

台湾と日本の「2者の個性」を感じられるよう、コーヒー豆は台湾の”浅煎り”と日本の”中深煎り”が用意されている。グラフィックデザインは、台湾の人気イラストレーター・Milly氏、インテリアは台湾の新しい観光スポットとして注目を浴びる台中の「オペラハウス」の設計を長年担当した元・伊東豊雄建築設計事務所の建築家・佐野健太氏が手掛け、クリエーターのコラボレーションを実現した。ブランドカラーのパステル調の「ピンク」と「グリーン」の壁をカフェスタッフが自らの手で仕上げるなど、「台湾と日本の国際交流が長く続くように」というメッセージが随所に込められている。

コーヒー豆は、日本のコーヒー界を支えてきた田口護氏に師事した続木義也氏が営む京都・下鴨のカフェ・ヴェルディの中深煎り豆と、コーヒー界のアカデミー賞とも称される北欧の賞「Nordic Roaster 2013」にて1位に輝いた台湾・台北の「Fika Fika Cafe」の浅煎り豆を使用している。この1店舗で、日本の純喫茶で提供されるような「しっかりと深い味わい」と、台湾で人気のあるお茶のような「軽い飲み心地」を比べることができる。

日本と台湾の味わいを比べることで、新しいコーヒーの楽しみ方を見つけてみては?【ウォーカープラス編集部/小倉実咲】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)