辛さの中に濃厚な旨味!坦々麺に自信ありの“旨辛”ラーメン店6選

辛さの中に濃厚な旨味!坦々麺に自信ありの“旨辛”ラーメン店6選

「喜界島担々麺 ブレンド」(1000円)/喜界島担々麺

赤いビジュアルがそそる「旨辛」坦々麺。レアな国産ゴマを使った濃厚派から、参照が効いた麻辣派まで、辛さの中にも旨味を生かした坦々麺が急増中!<※情報は関西ウォーカー(2017年9月5日発売号)より>

■ 食べた瞬間に衝撃が走る濃厚な国産ゴマの旨味

「喜界島担々麺」は、東京の有名ホテルや「福臨門」などで修業した店主が手がけた、担々麺専門店。国内でわずか0.1%しか流通していない希少な喜界島産ゴマを使うほか、中華の経験を生かし辛味ペーストやラー油などはすべて自家製。マイルドな辛さで、ゴマの甘味とコクをとことん追求した担々麺を完成させた。

「喜界島担々麺 ブレンド」(1000円)。ベースに喜界島産ゴマペーストと極上練りゴマをブレンド。肉味噌のほか野菜炒めやカシューナッツ、食べるラー油など具材もふんだんに入る。しっかりと混ぜて味わうのがポイント。

■ラーメンデータ<麺>中細・角・ストレート/製麺所:森製麺・120g<スープ>タレ=醤油・仕上油=ラー油/濃度:こってり○●○○○あっさり/種類:鶏ガラ

「汁なし担々麺」(850円)。エシャロットがベースの焦がしネギ醤油を使用。+50円で温泉卵付きに。

店内はL字型カウンターとテーブル2卓があり、ゆったり過ごせる。夜は居酒屋としても営業しているにぎやかな雰囲気。

「私も知らなかった喜界島産ゴマは風味が段違い。ゴマを生かすために辛さを抑えたので、ぜひゴマ本来の旨味を感じてください」と、店主の白石孝夫さん。

■喜界島担々麺<住所:大阪市淀川区西中島3-14-11 電話:なし 時間:11:30〜15:00(LO14:30) ※売切れ次第終了 休み:不定休 席数:15席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:阪急南方駅より徒歩2分>

■ 貝白湯と自家製ラー油で描く紅白のグラデが美しい!

アサリやホタテをベースに貝のみで作るスープ、「元祖貝白湯」で人気の「砦」が京町堀に移転。人気メニューに加え、四川料理などの中華経験を持つ店主が貝白湯をアレンジし、新しく担々麺が誕生した。貝の旨味に削りたての山椒の香りと刺激が加わった味わいは、上品かつ鮮烈!

「担々麺」(980円)。提供する直前に山椒を削って加えることで、貝白湯の上品な旨味とラー油の刺激に山椒の香りをバランスよく感じさせる。長崎から届く桜エビや揚げたジャガイモなど、具材もユニーク。

■ラーメンデータ<麺>中細・角・縮れ/製麺所:八葉フーズ・120g<スープ>タレ=塩・仕上油=ラー油/濃度:こってり○○●○○あっさり/種類:貝

「砦」(780円+煮卵100円)は店の看板メニュー。佐世保バーガーに使うベーコンの薫製などをトッピング。

店内はカフェのようなおしゃれな空間で女性客も多い。壁には石垣島の海を撮影した写真が飾られ、リゾート感を演出する。

「麺を食べ終えたらダンクライス(追い飯・150円)を。担々麺ならパセリ&卵黄など、スープに合うようにアレンジしています」と、店長の佐々木和雄さん。

■らーめん砦 京町堀店<住所:大阪市西区京町堀1-10-10 電話:070-6688-6289 時間:11:30〜23:00(LO22:30)、金土祝前日11:30〜翌3:00(LO2:30) ※スープがなくなり次第終了 休み:不定休 席数:20席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:地下鉄肥後橋駅より徒歩5分>

■ 鶏白湯とスパイスが絡むエスニックな個性派

関東のラーメン大賞鶏白湯部門で3年連続1位を獲得した名店「鶏白湯らーめん 自由が丘 蔭山」が関西に初出店。鶏白湯をメインに白湯を生かした濃厚担々麺や清湯ベースの四川麻婆麺などがそろう。母体が中華料理店だけあり、四川麻婆豆腐丼や杏仁豆腐、唐揚げなどサイドメニューが豊富なのもうれしい。

「特製鶏白湯 TANTAN麺」(1058円)。鶏白湯スープに鶏ガラなどでとる清湯をブレンド。八角などスパイスの効いた肉味噌を混ぜることで、マイルドかつ香り豊かに。“浅草開化楼”の特製麺との絡みも抜群!

■ラーメンデータ<麺>中太・角・縮れ/製麺所:浅草開化楼・130g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=ラー油/濃度:こってり◯●◯◯◯あっさり/種類:鶏白湯・豚骨・鶏

「鶏白湯塩そば」(950円)。おもに手羽先を使い8時間以上炊いたスープはコラーゲンたっぷりで、鶏の風味も濃厚。

白と紺色で統一された、女性一人でも過ごしやすい空間。卓席には目線仕切りもあり、ゆっくりとくつろげる。

「麺は単品のほかハーフ麺も人気です。麻婆豆腐などが付く定食や4種類の丼とのセットなど、組み合わせも豊富ですよ」と店長の松本邦宏さん。

■鶏白湯らーめん 自由が丘 蔭山<住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール4F 電話:06-6567-8584 時間:11:00〜23:00(LO22:15) 休み:あべのキューズモールに準じる 座席:46席 タバコ:禁煙 駐車場:あべのキューズモール駐車場を利用(1500台・30分無料、以降30分につき300円) 交通:各線天王寺駅と直結>

■ 香りと風味が濃厚な金ゴマの魅力を堪能

「天神ササラ」は京橋で10年続く担々麺専門店の3店目。看板の担々麺は、明治創業のゴマ専門店「和田萬」の特注ゴマを使用。ゴマの濃厚な風味を生かしつつも、あと口はサッパリと仕上げている。夜は麻婆豆腐やレタスチャーハンなどサイドメニューも充実している。

「金胡麻担担麺」(700円)。油分が多い金ゴマはコクがあってクリーミー。基本は辛くなく調節は1から3辛まで可能。少し酸味を効かせることで、スッキリとした甘味が際立ち、しつこさもなし。

■ラーメンデータ<麺>中細・角・ストレート/製麺所:太陽製麺・120g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=ラー油/濃度:こってり◯◯◯●◯あっさり/種類:鶏ガラ

「醤油ラーメン」(680円)。シンプルな鶏ガラに、醤油ダレは堺の老舗・大醤の醤油を3種類ブレンド。

カウンターのほかテーブル席もあり。店へ入るとひと際目立つ、壁面に描かれた火雷天神が迫力あり。

「プラス50円で麺を大豆麺に変更できるようになりました。糖質は約3.6g、タンパク質は18.3gと食事に気を使う人にもオススメ」と、店主の新山祐介さん。

■天神ササラ<住所:大阪市北区天神橋2-1-47 電話:06-6353-2288 時間:11:30〜15:00、18:00〜22:30 休み:土曜不定休、日曜 座席:16席 タバコ:ランチのみ禁煙 駐車場:なし 交通:JR大阪天満宮駅より徒歩1分>

■ 中国麺×日本スープのハイブリッド担々麺

日本の有名店などで約16年のキャリアを持つ店主が独立した「申手延麺」。開店前に中国で“蘭州ラーメン”を修業し、日本では珍しい手延麺を使用する。「スープは日本の方がおいしい」と、ベースに豚&鶏の白湯スープを使う、日本と中国のよさを取り入れたアレンジも秀逸。

「担々麺(手延麺)」(850円)。モミジや豚頭などを使う白湯スープは少なめにして、よりゴマの風味や辛味を感じる濃度に。四川ならではのヤーサイを使った肉味噌も本場ならでは。手延麺は1日10食限定。

■ラーメンデータ<麺>中太・丸・縮れ/製麺所:自家製麺・150g<スープ>タレ=味噌・仕上げ油=ラー油/濃度:こってり◯●◯◯◯あっさり/種類:豚骨・鶏

「四川麻辣湯麺」(750円)。花椒を効かせた醤油ベースのスープで、ビリビリくるしびれを味わえる。

座敷タイプのテーブル席を備えた落ち着ける店内。カウンターからは店主が手延麺を打つ姿も間近で楽しめる。

「麺は基本太陽製麺ですが、+100円で手延麺に。ばらつきはありますが手打ちならではのモチモチ感と絡みが抜群です」と店主の曹俊さん。

■申手延麺<住所:堺市堺区大浜北町3-4-6 電話:072-242-4474 時間:11:30〜14:30、17:30〜21:30 休み:月曜 座席:16席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし 交通:南海堺駅より徒歩10分>

■ 辛味より旨味を追求した濃厚な鶏白湯ベースの一杯

「麺屋キラメキ-京都三条-本店」は京都市内を中心に7店舗を展開する「キラメキグループ」の6号店としてオープン。北海道産小麦粉100%の自家製麺を使った「吟醸らーめん 久保田」とのコラボメニューなどを提供している。観光客も数多く訪れる立地のため、通し営業というのもうれしい。

「濃厚坦坦麺」(880円)。「吟醸らーめん 久保田」との初コラボは、濃厚なスープと麺をキラメキが、タレとミンチを久保田が担当して作られた。100g(830円)の小、200g(980円)の大もあり。

■ラーメンデータ<麺>太・角・ストレート/製麺所:自家製麺・150g<スープ>タレ=ゴマペースト・仕上油=ラー油/濃度:こってり●○○○○あっさり/種類:鶏白湯・豚骨

台湾まぜそば「直太朗」は並(780円)のほか、小、大、特の4サイズを用意している。〆ごはん付き。

河原町三条交差点がすぐという京都のど真ん中。明るい店内には、テーブル席とカウンター席が設置される。

「鶏ガラや丸鶏などに豚を加えた濃厚なスープがベースです。オーダー時に言ってもらえれば自家製ラー油多めも可能ですよ」と、店長の大西和博さん。

■麺屋キラメキ-京都三条-本店<住所:京都市中京区恵比須町435-3 電話:075-744-6199 時間:11:00〜23:30(LO) 休み:不定休 座席:21席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:地下鉄京都市役所前駅より徒歩3分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)