味にも美しさにも技あり!「リーガロイヤルホテル京都」ブッフェレポート

味にも美しさにも技あり!「リーガロイヤルホテル京都」ブッフェレポート

「スペアリブの“ラケ”オレンジの香り」(下)。「いちじくとクリームチーズのアンティパスト」(中)。「かぼちゃのクーリ 蜂蜜の香り」(上)/リーガロイヤルホテル京都

リーガロイヤルホテル京都「オールデイダイニング カザ」のブッフェは、フレンチとイタリアンが融合する華やかな料理が自慢。グラスに盛り付けられた前菜や、できたての料理が次々に提供されるライブキッチンなど、5エリアのスタイリッシュな空間が広がる。リニューアル1周年を記念したフェアでは、オープン当初の人気メニューが復活。<※情報は関西ウォーカー(2017年10月10日発売号)より>

■ フレンチとイタリアンが融合!スタイリッシュな料理がズラリ

「スペアリブの“ラケ”オレンジの香り」(下)。数種類のスパイスを効かせたつややかなスペアリブは、オレンジジュースと焦がしハチミツでまろやかな味わいに。

「いちじくとクリームチーズのアンティパスト」(中)。白ワインに漬け込み柔らかくしたドライイチジクにクリームチーズやナッツを合わせた前菜はワインにもよく合う。

「かぼちゃのクーリ 蜂蜜の香り」(上)。ピューレ状にしたカボチャを使ったひと口サイズの冷製スープ。ハチミツがカボチャの風味をさらに引き立てる。

「クレープヴォナシェンヌ」(手前)、「しらすとなめこの冷製パスタ」(奥)。和の食材を、手の込んだフレンチやイタリアンの手法でスタイリッシュに仕上げたひと口サイズの冷製メニュー。

「鶏肉のスービット ソーストンナート」。真空調理したなめらかな食感の鶏ムネ肉を、クリーミーなツナソースで味わう。赤胡椒やケッパーがアクセント。

「鶏肉のソテー シャスール風」(ランチ限定)。ジューシーな鶏肉を、たっぷりのキノコとトマト、フォンドボー、香草を合わせたソースで煮込んだ秋らしいひと皿。

「洋梨のシャーベット」(手前)、「紅茶アイス」(奥)。アイスや季節の果物を使ったシャーベットは、スイーツコーナーにある専用の機械で作りたてが用意されている。

■ ホテルで焼くパンの種類が豊富

毎朝焼き上げるパンは、マフィンや角食、ベーグルなど約12種類!ひと口サイズなのでいろんな味を楽しめるのもポイント。

■ シェフの本田朝之さんに聞いた!うちのブッフェのここが自慢

<1>味にも美しさにも定評あり!冷製料理にも秋の味覚をふんだんに

「グラス入りの前菜は特に好評です。カボチャやイチジクなど、秋の味覚を使って季節感も大切にしています。ひと口サイズなので、ぜひ全種類制覇を目指していただきたいですね」

<2>引き出し式のショーケースに並ぶ色とりどりのスイーツでワクワク感を

「スイーツコーナーは引き出し式のショーケースいっぱいにケーキやタルトなどのスイーツが並びます。10月はハロウィンにちなんだキュートなモンブランやシブーストもおすすめです」

シックな雰囲気。ボックス席のほか個室もある。

円が重なるようなデザインのブッフェ台は、動線がスムーズで行列になりにくい利点が。

■ブッフェDATA/「ランチビュッフェ、ディナービュッフェ」(メニューは季節により異なる) 時期:通年(クリスマス期間除く) 料金:ランチ(3000円、土日祝3500円) ディナー(4700円、土日祝5000円) 形式:全メニューブッフェ 実施時間:ランチ11:30〜13:00、13:30〜15:00、ディナー17:30〜21:00(最終受付19:30)、土日祝17:30〜19:00、19:30〜21:00 制限時間:90分 予約:可(電話、WEB) メニュー:70種 ドリンク:14種

■リーガロイヤルホテル京都 オールデイダイニング カザ<住所:京都市下京区東堀川通塩小路下ル松明町1 1F 電話:075-361-9226 時間:6:30〜22:00(LO21:30) 休み:なし 席数:180席 タバコ:禁煙 交通:JR京都駅より徒歩7分。JR京都駅八条口より無料シャトルバスあり>【関西ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)