オープン以来初のXmas!名城公園内にある話題のイタリアンのクリスマスコースとは!?

オープン以来初のXmas!名城公園内にある話題のイタリアンのクリスマスコースとは!?

「ガーブ カステッロ」のクリスマスコース(2名より要予約、4800円・税抜)

名城公園(名古屋市北区)内にあるレストラン「GARB CASTELLO(ガーブ カステッロ)」。バーベキューやパーティなどさまざまなシーンで利用でき、薪釜ピッツァや本格イタリアンが味わえる話題の店だ。2017年4月にオープンし、初のクリスマスを迎える同店は、12月23日(土)から25日(月)までの3日限定のクリスマスコースの予約受付を11月16日(木)より開始した。このコースの予約は2人からで、1人当たりの料金は4800円(税抜)。

今回はそんな「GARB CASTELLO」のクリスマスコースのラインナップをご紹介。まず前菜となるのは「軽く燻製にかけた寒鰤のカルパッチョ 牛蒡のサラダとフリットを添えて」。脂ののった旬の寒ブリと、 軽く酸味のあるクリームを滋味あるゴボウに合わせたサラダ、食感を楽しむチップを添えた1品だ。

次に出てくるのは温菜「タラのソテーと白子のベーニェ 白菜のブレゼ ミモレットと共に」だ。このメニューは、タラのソテーと白子のフリット、 生ハムのダシで炊いた白菜を盛合せたもの。コクのあるミモレットチーズでまとめられている。

同店自慢のピッツァとパスタにも注目したい。「ピッツァマルゲリータビアンカDOC」は、水牛乳から作られる濃厚なチーズの旨味をダイレクトに味わえるよう、トマトソースを使わず、 プチトマトとバジルで仕立てたピッツァ。一方、パスタの「ほうれん草の手打ち麺 ズワイ蟹と春菊のビアンコ ボッタルガを散らして」は、本ズワイガニと香り高い春菊をアサリの出汁でまとめたソースを使う。ホウレンソウを練り込んだ平打ち麺と絡み合って、香りも味も楽しい一皿だ。

コースのメインとなるのは「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」。牛ホホ肉を、赤ワインとカラメルを使って、じっくりと柔らかく煮込む。 肉の旨味やコク、甘味、苦味が楽しめる。またメインは追加料金で変更することも可能。「愛知牛の炭火焼赤ワインソース」「活オマール半身のロースト」は別途1000円で、「仔鳩のロースト」なら別途800円で変更できる。

そしてコースを締めくくるスイーツは、たっぷりのリンゴをオーブンでローストした「タルトタタン ヘーゼルナッツのジェラート」。旨味を凝縮させたリンゴとパイに、香り豊かなナッツのジェラートを合わせる。

コースの内容は以上となるが、飲み物を合わせたとしても、“クリスマスディナー”としてはお値打ちな価格と言えるだろう。また料理を楽しんだあとは、公園をパートナーと夜散歩してみるのもよさそう。

クリスマスをカジュアルに、かつオシャレな空間で過ごしたいという人にはオススメだ。【東海ウォーカー/角優月】(東海ウォーカー)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)