カレーで残暑をノックアウト!福岡・中洲エリアのおすすめカレー3選

カレーで残暑をノックアウト!福岡・中洲エリアのおすすめカレー3選

手作り感あふれるジューシーハンバーグ!「バークレー」の「ハンバーグカレー」(870円)

残暑もまだまだ厳しく、夏の疲れから気持ちも何となくダレ気味。そんなときはやっぱりカレー!ピリリとスパイシーなカレーを食べれば、元気になれる。レトロな喫茶店のカレーなど、どこか懐かしい味わいが楽しめる、福岡・中洲エリアのカレーを3店紹介。

■ 素材のおいしさを活かした王道の味「バークレー」

喫茶店としてスタートし、90年代からカレーの専門店に。看板メニューは、“ハンカレー”の名で親しまれる「ハンバーグカレー」。分厚いハンバーグから、肉汁がジワリとしたたる。タマネギなどの野菜や牛骨からダシをとり約半日かけて仕込むルーは、昔懐かしのフォンドボー風。スパイスの風味は抑え気味で、素材のうま味とコクを存分に感じられる。

「ハンバーグカレー」(870円)。ジューシーで柔らかな手作りハンバーグがのる。8種の野菜と牛骨でダシをとったルウはさらりとしている。+200円でルウとご飯の両方が大盛りになる。

[バークレー]福岡市博多区上川端町11-8 川端中央ビル1階 / 092-271-6640 / 11:00〜20:00(LO19:45) / 不定休

■ 日々継ぎ足して作る濃厚なルー「ホーシーカリー」

開店当初より継ぎ足し続けるルーが自慢。フォンドボーがベースのルーは、ビーフの重厚な味わいとじっくり炒めたタマネギの甘味、ほのかなスパイスを感じる欧風タイプだ。インパクト十分の「ステーキカレー」は、脂身の少ないリブロースステーキがのり、コクのあるルーと絡めてもしつこさがなく相性がいい。

「ステーキカレー」(1300円)。ミディアムに焼いた柔らかいリブロース120gをトッピング。ステーキは塩コショウだけで味付けし、肉の味も堪能できる。+400円でミニサラダが付く。

[ホーシーカリー]福岡市博多区中洲4-1-28 / 092-271-7778 / 18:00〜翌2:00(LO1:45) / 日曜・祝日、第1・3月曜休み

■ 常連客に愛され続けるリゾット風カレー「琥珀館」

1983年オープンの、レトロな雰囲気を醸す喫茶店。ナポリタンなどの食事メニューがそろうなか、一番人気はリゾット風のライスカレーだ。ドライカレーとルーを合わせ、スパイスの風味とフルーツのほのかな甘さ、ココナッツミルクのまろやかな味わいがマッチ。中央の生卵を混ぜれば、優しい味わいに。この味を求めて訪れるファンも多いんだとか。

店の看板メニューの「ライスカレー」(840円)。ランチタイムから17:00までは、スープとドリンクがセットになる。遅くまでセット提供があるのがうれしい。大盛りは+100円。

[琥珀館(こはくかん)]福岡市博多区上川端町1-6 / 092-281-7578 / 10:00〜19:00(LO18:30)、土曜・祝日9:00〜、ランチは11:00〜14:00 / 日曜休み(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)