夏の間に楽しみたい!ディズニーホテルの必食グルメ

夏の間に楽しみたい!ディズニーホテルの必食グルメ

東京ディズニーランドホテルの「シャーウッドガーデン・レストラン」で食べられる「スイカパン」

東京ディズニーランドホテルの「シャーウッドガーデン・レストラン」では、9月2日(日)まで「“ディズニー夏祭り”ランチブッフェ/ディナーブッフェ」(大人13才以上4000円)を提供中だ。パークでの遊びをいったん止めて、ホテル内で至福の時間を過ごすのはいかがだろうか。

夏らしさを感じることができるハワイ料理の「ポキ」(ディナーのみ)は、「醤油やワサビ、ニンニクやショウガなどを使い、日本人でも食べやすいように仕上げています」とシェフ。上にはとびこやマヨネーズがかけられており、華やかさが演出されたメニューだ。

また、必食なのが「牛スジ焼きそば」。“夏祭りの屋台メニュー”をイメージしたという牛スジ入りの焼きそばなのだが、コクがあり、プレス試食会の際には取材陣も絶賛していた同メニュー。キャベツやニラ、モヤシやタケノコなど野菜もたっぷり入っており、食べ応え満点だ。

さらに、砂糖醤油で仕上げた「焼きとうもろこしパン」やスイカクリームが入った「スイカパン」など、ビジュアルでも味わいでも夏らしさを感じることができるメニューがそろっている。

そして、ディズニーアンバサダーホテルの「エンパイア・グリル」で提供中の「“ディズニー夏祭り”エンパイア・グリル・ランチ」(コーヒーまたは紅茶付き・4500円)も見逃せない。

こちらは「シーフードのアイオリ風味 キヌアパフのアクセント ブイヤベースのジュレ」「焼き茄子のエスプーマ スパイシークランブルと一緒に」「スズキのロール仕立て ペルノー香るレモンバターソース トマトのフォンダン」または、「ガルムでマリネした水郷赤鶏のグリル グリーンカリーソース 生姜風味のピラフを添えて」など、豪華な内容が魅力。

たっぷりのフルーツに氷をのせ、3種のカラフルなソース(ベリー、パッションフルーツとアプリコット、抹茶)を添えたシェイブアイスは、見た目にも爽やかな一品となっている。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)