“パリ最高パン屋賞”受賞ベーカリーからハロウィンの新作

“パリ最高パン屋賞”受賞ベーカリーからハロウィンの新作

ハロウィンをイメージした色合いのスイーツ「かぼちゃと紫芋のデニッシュ」

「昔ながらの伝統的な商品と技術の継承」をコンセプトに、2011年にはブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリ「パリ最高パン屋賞」を受賞した「Maison Landemaine Tokyo(メゾン・ランドゥメンヌ?トーキョー)」は、10月31日(月)まで、旬なかぼちゃを使用したパンやスイーツ等全8種類を発売する。

中でも「ポティロン(税抜400g 480円、200g 250円、100g 140円)」は、昨年も限定品として発売し好評だった商品で、かぼちゃのペーストとレーズン・はちみつをたっぷりと練りこんだ、甘み溢れる生地が特徴。はちみつとかぼちゃの意外な組み合わせが癖になること間違いなし。

ブリオッシュ生地にかぼちゃあんをたっぷりと包みこんだ「ブール・プティ・ポティロン(税抜1個160円、3個(箱入り)500円)」。かぼちゃの種をちょこんと配置し、見た目もハロウィン仕様となっていて、ちょっとした手土産にも最適だ。子供やお年寄りでも食べやすい、食べきりサイズとなっている。

「かぼちゃと紫芋のデニッシュ(税抜320円)」は、バターをたっぷりと使用したデニッシュ生地に、紫芋のクレームダマンドを中に包み、かぼちゃを甘く煮たペーストとパンプキンシードをトッピング。紫芋のパウダーを散らして華やかに仕上げた。「かぼちゃのサンドイッチ(税抜450円)」は、粗くつぶしたかぼちゃにベーコン、玉ねぎ、パンプキンシードを練りこみ、はちみつでコクと甘さをプラス。見た目の鮮やかさと食感を楽しめるサンドイッチだ。タルト生地の器にかぼちゃとアーモンドクリームを入れて焼き、カスタードクリーム、かぼちゃの甘煮を重ね、生クリームで華やかに飾ったタルト「タルトポティロン(税抜400円)」。かぼちゃのパウダーで仕上げてある。

生地にかぼちゃのペーストを練りこみ、角切りにしたかぼちゃとパンプキンシードを入れ込み焼き上げたフィナンシェ「フィナンシェポティロン(税抜1個140円、5個680円)」は、日持ちが良く手土産にも最適。「かぼちゃのシチュー(税抜1300円)」は、ホワイトシチューをベースにかぼちゃペーストを混ぜ、大きめにカットした野菜を入れ込んだ食べ応えのあるランチの新メニュー。かぼちゃの形のクルトンがトッピングされた可愛さ満点の商品だ。イートイン専用でランチタイムのみの販売。

「かぼちゃオ・レ(税別490円)」は、かぼちゃのペーストに牛乳、生クリーム、カルダモンを温め、溶かしたホワイトチョコレートと合わせたホットドリンク。こちらもイートイン専用となっている。

秋にぴったりのかぼちゃを使った新メニューの数々。ハロウィンシーズンに、パリの名店の味をぜひ!【ウォーカープラス編集部/原田桃花】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)