「ラーメンの鬼」佐野実氏が創った一杯の秘密に迫る!

「ラーメンの鬼」佐野実氏が創った一杯の秘密に迫る!

佐野イズムを受け継ぐ「?油らぁ麺」(830円)

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)では、読者やWebユーザーらからの投票によって、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」を毎年実施している。

このランキングで、2年連続1位、4年連続3位以内となった店舗を「殿堂店」に認定!今年は「ラーメンの鬼」の異名を持ち、2014年に惜しまれながらも他界した佐野実氏の店舗、横浜市戸塚区の「支那そばや 本店」が見事殿堂入りを果たした。

殿堂入りを果たしたラーメンとは一体どのようなものか。スープに使われる30種類以上の食材とは? そして驚くべき調理法とは? ラーメンWalker神奈川2017に詳細を記しているので、是非ご一読いただきたい。

また「支那そばや」のラーメンは、戸塚の他にも新横浜ラーメン博物館でも味わうことができる。本店と同じ製法で作られたスープと、戸塚の本店2階にある製麺室から毎日運ばれる自家製麺により、佐野イズムが凝縮された一杯が、本店に行かずとも味わうことができる。気になるけれど戸塚は遠い、という方は、新横浜ラーメン博物館で味わってみてはいかがだろうか。【ラーメンWalker編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)