伝統溢れる京都祇園に上質なイタリアンレストランがオープン

伝統溢れる京都祇園に上質なイタリアンレストランがオープン

厳選されたブランド牛を提供

京都祇園に、“畑の伝道師”渡邉明氏が総監修するイタリアンレストラン「リストランテ オラエ祇園」が、10月21日(金)にオープンする。

「オラエ」とはイタリア語をルーツとした言葉で、「さあ、今このひとときを楽しんで そして 人生を豊かに」という意味が込められている。

東京を中心に「AWキッチン」や「やさい家めい」、「Mr.FARMER」を展開するイートウォークを設立した渡邉氏が総監修を務め、色とりどりの前菜や旬の食材を使ったパスタ、厳選されたブランド牛などを提供。京野菜中心の野菜料理と上質な肉料理、プレステージワインを用意している。

店舗は伝統的な京町屋の風情をいかし、1階はカウンターとテーブル席合わせて20席。2階は座敷テーブル席(個室)とVIP個室を合わせて24席となっている。

350年前から栄え、江戸末期から明治初期にかけての町家が今も整然と並び、洗練されたたたずまいを見せている祇園新橋。京洛の文化史にかかせない祇園発祥の地で、上質のイタリアンを堪能してみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)