限定メニュー第4弾は冬こそ食べたい“ケーキソルビン”

限定メニュー第4弾は冬こそ食べたい“ケーキソルビン”

今年9月に韓国で発売され人気を博した「カスタードバナナケーキソルビン」(1500円)が日本でも楽しめる!

「SULBING(ソルビン)」は、季節限定メニュー第4弾として「カスタードバナナケーキソルビン」と、日本限定フレーバーの「ヨーグルトバナナケーキソルビン」(各1500円)を10月15日(土)から11月10日(木)まで数量限定発売する。

2015年11月に韓国で初めて登場したケーキソルビンシリーズは、器の中にふわふわ食感のスポンジケーキとおなじみのミルクかき氷、フルーツなどを重ねた、見た目も味もケーキそっくりなソルビンならではの新感覚スイーツ。空前のバナナブームが起きている韓国で今年9月に「カスタードバナナケーキソルビン」を発売したところ、国内外から多くの反響が寄せられたことから、日本でのシリーズ第1弾としてこのバナナケーキソルビンを採用した。

今回登場するのは、ふわふわのスポンジケーキの上、ミルクかき氷にたっぷりのバナナとカスタード、生クリーム、チーズケーキなどが入った「カスタードバナナケーキソルビン」と、同じくスポンジケーキやミルクかき氷の上に、たっぷりのバナナとイチゴピューレ、ヨーグルトアイス、生クリームを盛りつけた「ヨーグルトバナナケーキソルビン」の2種類。ケーキを組み合わせることで夏に食べるというイメージが強いかき氷を“冬でも食べられるかき氷”に変身させた、今までにない食感と味わいだ。

ケーキソルビンは、外径約15cm×高さ6cmの容器に入っていて、内容量も液体約1リットル分とボリュームがあるので、温かいドリンクと一緒に数人でシェアして食べるのがおすすめ。かき氷とケーキの意外な組み合わせにハマってしまうこと間違いなしだ。【東京ウォーカー】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)