背油・醤油・魚介!京都の旨いラーメンの新店トップ3が決定

背油・醤油・魚介!京都の旨いラーメンの新店トップ3が決定

丹波黒どりの鶏ガラやモミジに、名古屋コーチンをプラスした、らぁ麺 とうひちの「鶏醤油らぁ麺」(750円)

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。読者やWebユーザーらからの投票により決まる、2016年度の同ランキング結果より、2015年にオープンした京都の新店部門の上位3店が決定。では、京都府内で人気の新店ラーメンを紹介しよう!

■ <第1位>パンチの効いた芳醇な一杯!「らぁ麺 とうひち」

名店「京都千丸しゃかりき」出身の店主が切り盛り。自身の理想を追求した丹波黒どりのスープと、店で火入れするまろやかな生揚げ醤油を合わせ、奥深い一杯に仕上げる。コシのある自家製の平打ち麺もスープになじんで旨いと好評だ。

【おすすめの一杯】「鶏醤油らぁ麺」(750円)は、丹波黒どりの鶏ガラやモミジに、名古屋コーチンをプラス。澄んだスープは、見た目以上にパンチが効いていて、思わず飲み干したくなる!

■ <第2位>マイルドかつコクのある濃厚魚介系醤油「麺処 雁木」

長野県松本市の有名店「麺肴 ひづき」で修業した店主が独立開業した「麺処 雁木」。節系や濃厚系、淡麗系などの無化調ラーメンやつけ麺が多彩にそろう。動物系と魚介のスープを巧みに合わせる店主のセンスが光る。

【おすすめの一杯】「濃厚拉麺」(800円)は、豚や鶏、牛から抽出して仕上げたスープとカツオ節などから採った魚介スープの調和が絶妙な逸品。

■ <第3位>ひと手間加えた、あっさり背脂が自慢「セアブラノ神 伏見剛力」

「セアブラノ神 伏見剛力」のラーメンは、瀬戸内産など3種の煮干しを効かせたスープが香り高く、一面に広がる背脂は余計な油を除くため、見た目よりあっさりしていると人気。伏見店のみ、無料で麺を30g増量できるのでぜひ。

【おすすめの一杯】スープが重くならないよう背脂は単独でたき出し、あっさりに仕上げた「背脂煮干しそば(700円)は、スープを吸った極太麺も旨い!

【関西ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)