弁当屋が作るレア・ローストビーフ丼!希少部位の「ラン尻」使用

弁当屋が作るレア・ローストビーフ丼!希少部位の「ラン尻」使用

10月16日(日)から販売される「レア・ローストビーフ丼」(648円)

キッチンオリジン・オリジン弁当・Originは10月16日(日)から、「レア・ローストビーフ丼」(648円)を全509店舗で数量限定販売する。

昨年11月の販売で、早期に完売したレア・ローストビーフ丼。牛肉は外もも肉の中でも20パーセント前後しかとれない、柔らかく決め細やかな赤みの肉である希少部位の「ラン尻」を使用する。

たたきや刺身にぴったりとされ、脂肪が少なめの「ラン尻」を、表面を炭火で香ばしく、中は低温でしっとりと焼き上げる。赤ワインとデミグラスソースの高級感ある特製ソースを合わせることで、肉の旨みがさらに引き立つ。

今年はレタスと西洋わさびを添え、さっぱりとした味に変化させることができ、一度で二度味わえるように仕上げてある。また、容器も昨年のどんぶりからプレートに変更。彩りも鮮やかに、女性も手に取りやすいようになった。

もちろん、肉好きのニーズに応えるべく、肉量が2倍の「W盛り」(1047円)も用意。弁当屋が作るレア・ローストビーフ丼を心ゆくまで堪能しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)